インドネシアで雇用関係を終了させるプロセス

労働法UU No 13 Tahun 2003(労働に関するインドネシア共和国法律2003年第13号)に定められる解雇の方法は、就業規則(PP=Peraturan Perusahaan)への違反、警告書(Surat Peringatan)3回後に解雇、試用期間3ヶ月内に能力不適格として解雇、自主退職があります。 10人以上の労働者を雇用する経営者は就業規則を作成する義務を負い、労働移住省(Dinas Tenaga Kerja dan Transmigrasi)、通称DISNAKERに提出し、大臣または指名された政府高官の承認(Pengesahan Menteri Ketenagakerjaan)を受ける必要があります。 経営者は労働者に重大な過失がない限り退職手当(uang pesangon)と勤続功労金(uang penghargaan masa kerja)を支払う義務があります。

スマホのSIMカードにKTP(住民登録証)とKK(住民票)番号登録義務付け

情報通信省(Kementerian Komunikasi dan Informatika)は、2017年10月31日から2018年2月28日までの間にe-KTPとKKのNIK(Nomor Identitas Penduduk 個人識別番号)をSIMカードに対して登録させ、行政のデータベースとリンクさせることで、SIMカードを行政の管理下に置くことで、テロやなりすまし詐欺などの犯罪への使用を未然に防止し、スパムや違法広告を根絶しようとしています。

ジャカルタのビットコインATM

ビットコインATMでは、ビットコイン(BTC)というモノをお客に対してルピア建て(IDR)で販売する際の手数料ビジネスを行っていることにあります。 取引所に口座を開設すると、ウォレットが使えるようになり、そこで1つのビットコインアドレスを使い続けて、必要に応じて「アドレスを作成し新しいビットコインアドレスを生成してもよいわけです。 アドレスを作成するということは、70桁以上の秘密鍵を生成し、秘密鍵から公開鍵を生成し、公開鍵をハッシュ計算でビットコインアドレスに変換しているということです。

近年のジャカルタ近辺での不動産投資

インドネシアのアパート投資では10年間貸してインカムゲインを享受した後で、売却によるキャピタルゲインを狙うのが一般的です。 Hak Milikは完全なるフリーホールド(Freehold)であり、Hak Guna BangunanやHak Pakaiは他人から借りた土地の上での権利を行使することができるリースホールド(Leasehold)に該当し、それぞれ日本の所有権と賃借権に相当するもので、フリーホールドの中でもアパートのような建物に構造上区分された専有部分の区分所有権はStrata titleと呼ばれます。