インドネシアはADSL, CDMA, 3G-GSM, 4G-LTEなどが混在する過渡期にある。

本記事のポイント

ADSL(Asymmetric Digital Subscriber Line)は、アナログ電話回線を使用する上り(アップリンク)と下り(ダウンリンク)の速度が非対称(Asymmetric)なデジタル有線通信で、通信インフラ劣悪なインドネシアでは、既存の電話線を使えるということで重宝されてきましたが、光ファイバーの設置やワイヤレス基地局の整備により、最近は少なくなりました。

周波数の帯域から見ると、携帯電話の通信規格である3G(3rd Generation)は700~900MHzの低帯域、4G(4th Generation)は1.5~2GHzの高帯域を使い、3Gが数Mbps、4Gが数十Mbpsという大きな違いがあるものの、低帯域の3Gののほうが障害物に強くより遠く届きます。

いまどきのADSL

今月からGrand Indonesia裏のアパートに引っ越しているのですが、アパートのインターネットサービスを完全monopoli(独占)している会社が提供するのはなんとADSL、いまどき電話線使わせるの?昭和なの?

ちょうど手持ちのADSLルーターがあるので、せっかくなのでお試し接続してみました。
ADSL

電話線用のRJ-25モジュラージャックを触るのも久々ですが、TP-LINKのADSL2ルーターと壁の口を繋いで、管理画面192.168.1.1(たまに192.168.0.1の機器もある)にadmin/adminでアクセスして・・・というお約束の設定で、すぐにネット接続できるようになりましたが、1.5Mbpsというのはなんとも微妙なスピード。

ADSL(Asymmetric Digital Subscriber Line)は、アナログ電話回線を使用する上り(アップリンク)と下り(ダウンリンク)の速度が非対称(Asymmetric)なデジタル有線通信で、通信インフラ劣悪なインドネシアでは、既存の電話線を使えるということで、ジャカルタから離れた工業団地で重宝されてきましたが、光ファイバーの設置やワイヤレス基地局の整備により、最近はほとんど見なくなりました。

ADSL2 うちのアパートのADSLサービスの場合、容量無制限はいまどき嬉しいのですが、月40万ルピア払ってこのスピード、しかも倍の3Mbpsにアップグレードすると価格は倍以上にアップするときたもんだ。

4G LTE全盛の時代にさすがにこれはないですが、youtubeをダウンロードしまくって後で見る人には容量無制限はいいかもしれません。

3Gと4Gの周波数と通信速度

一方で、普通なら20Mbps~30Mbpsほど出るSmartfrenの4G LTE Andromaxの4Gの電波も、障害物が多い25階の部屋には届きにくいのか、10Mbps行くか行かないか程度までダウンします。

周波数の帯域から見ると、携帯電話の通信規格である3G(3rd Generation)は700~900MHzの低帯域、4G(4th Generation)は1.5~2GHzの高帯域を使いますが、低帯域の3Gののほうが障害物に強くより遠く届きます。

通信速度から見ると、3Gが数Mbps、4Gが数十Mbpsという大きな違いがありますが、僕の少し古いタイプのスマホ、Xperia Z Ultraは4G未対応なので、もともと4Gの電波を拾うことはできないとはいえ、3Gの電波のほうが比較的障害物に強いので、とりあえずもそっっという感じで繋がってくれます。

いまのところ自宅ではADSL、外出先で3G Proxl Hodrodまたは4G LTE Smartfren Andromaxを使うことを想定しているのですが、SpeedTestの結果を見ると、自宅ADSLの遅さが圧倒的で感慨深いものがあります。

speedtest

SmartfrenはこれまでFlexiやEsia(サービス停止)などと同じCDMA(Code Division Multiple Access)系サービスグループとして、TelkomselやProxlのGSM(Global System for Mobile communications)系に対抗してきましたが、現在はサービスの主流を完全に4G LTE(Long Term Evolution)にシフトています。

WDSではなくWifi Range Extender

Wifiの電波の届きにくい死角に、アクセスポイントを経由して電波の届く範囲を延長させるにはWDS(Wireless Distribution System)対応のアクセスポイントを使うものと思っていましたが、現在はWifi Range Extenderという電波の延長機器が普通に市販されています。

wifi extender 通信機器オタクならみんな大好きAmbassador Mallを一通りみてきましたが、無線LAN(Wifi)の電波規格IEEE802.11n(周波数2.4GHzの帯域で300Mbpsの速度)対応のものがだいたい45万ルピア前後、IEEE802.11n/a(周波数5GHzの帯域で750Mbpsの速度)もカバーしているDual bandのものもありましたが、必要ないので値段聞いていません。