前払金や前受金は債権債務として扱うのか一般会計で処理するのか悩ましいという話。

Deposit(預かり金)とDown Payment(前受金)

インドネシアでアパートの契約や車の購入時にはTanda Jadiを要求されますが、これはホテルにチェックインする前にクレジットカードか現金で要求されるDeposit(預かり金)の意味であり、DP(デーペー)と短縮されます。

インドネシアでサービスを購入するときの預かり金であるDP(デーペー)は会計上はAdvanced Paymentに該当し、サービス提供者側からするとDown Paymentに該当します。

Downは「負債を減らす」という意味で購入者側目線の表現ですが、サービス提供者側の会計処理上は顧客に対する負債であり、サービス提供者側への前金の支払いは債権に該当します。

顧客からのDown Payment受領

顧客からの前金はインボイス発行時にDown Payment勘定で処理し、顧客からのSurah Terima Berita Acara(受領証明書)でもってSalesに振替えますが、工事完成基準(Completion Basis)と工事進行基準(Percentage of Completion Basis)とでは仕訳方法が変わります。

  1. 受注価格の50%にあたる前金100のインボイスを発行
    顧客に対してはA/Rが発生し、前金という取引種別をキーに貸方勘定にDown Paymentが記帳されるようにします。

    Dr. A/R 100    Cr. Down Payment 100
  2. 顧客から25%完了のSurah Terima Berita Acara(受領証明書)を受領
    工事進行基準の場合

    Dr. Down Payment 50    Cr. Sales 50

    工事完成基準の場合
    仕訳なし

  3. 顧客から50%完了のSurah Terima Berita Acara(受領証明書)を受領
    工事進行基準の場合

    Dr. Down Payment 50    Cr. Sales 50

    工事完成基準の場合

    Dr. Down Payment 100    Cr. Sales 100
  4. 顧客から100%完了のSurah Terima Berita Acara(受領証明書)を受領
    工事進行基準も工事完成基準も同じ

    Dr. A/R 100    Cr. Sales 100

前金のためのインボイス発行時にDown Paymentとして計上し、作業が完了した時点でSalesに振替えるため、該当月のインボイス発行額(A/R計上額)と会計上のSalesのアンマッチが発生します。

取引先へのAdvanced Paymentの支払い

基本的にDown Paymentの逆パターンの仕訳が発生するわけですが、インボイスなしに先にお金を振り込んで、サービス受領完了時にまとめて請求を受ける場合は、A/Pが発生しない以上会計システムでは一般会計(G/L)で管理します。

  1. 取引先に対して100の前払金を支払
    インボイスの受領がなく債務が発生しないため、G/L上からAdvanced paymentを記帳します。

    Dr. Advanced Payment 100    Cr. Bank 100
  2. インボイス到着時にA/Pを計上
    前金込みの全額の請求書の受領を持ってA/P計上します。

    Dr. Service expense 500    Cr. A/P 500
  3. オフセット処理
    前払金とA/Pを相殺します。

    Dr. A/P 100    Cr. Advanced Payment 100

こんな投稿も読まれています