エアロプレス式コーヒーメーカー

ジャカルタで飲めるマニュアルブリューイングによるコーヒー

aeropress
エアロプレス一式

現在ジャカルタのカフェではマニュアルブリューイングでシングルオリジンのコーヒーを飲ませるのが流行りつつありますが、これまで先進国への一次産品の輸出で経済を支えてきたインドネシアが、経済成長に伴う中間層の拡大により、世界に誇れる国内産のコーヒー産地で栽培した高品質のコーヒーを、ようやく自分で味わう余裕が出てきたということであり、喜ばしい限りです。

インドネシアでは食品から電気製品まで、品質は常にImpor(輸入品)がLokal(国内品)を凌駕しており、ローカルという言葉の響きに自虐的ニュアンスすら感じられることが多いわけですが、コーヒーに関してはインドネシア人が「今日は贅沢してローカル産を飲もうか」と言えるようになる日が来ればいいと思います。

僕がインドネシアに来たばかりの頃、Blok Mパサラヤ(Pasaraya)5階のトラジャカフェ(Toraja Kafe)では、インドネシア語を勉強しながら、サイフォン式コーヒーを飲んでいる日本人と高い確率で遭遇しましたが、日本でも飲んだことがなかったサイフォンを使ってこんなに気軽にコーヒーが飲めるなんて贅沢な国だ、と感激したのを今でも覚えています。

僕にとって初マニュアルブリューイングはこの化学室で実験している気分を味わえるサイフォン式だったのですが、現在ジャカルタのカフェで淹れるマニュアルブリューイングのほとんどがペーパードリップ式であり、ベトナムコーヒーを注文すれば滴り落ちる黒い滴に心を洗われるベトナムドリップ式になり、上からレバーをギュッと押すと床下からムニュッと黒いコーヒーが湧き出てくる瞬間が快感なフレンチプレス式で出すカフェも稀にあります。

最近はインドネシアのコーヒーの素晴らしさを他人に伝えるのが楽しくて仕方がなく、気をつけないと飲み会でウザイ奴になりかねないので大分自制していますが、このブログの当初の目的が「システムの備忘録」だったのが、最近ではコーヒーのことを書きたくてうずうずしているので、自分の中でバランスをとるのが大変ですw。

エアロプレス式コーヒーメーカー器具購入

aeropress
上から圧縮します。

さて、アパート近所のスタバGrand Indonesia西館店の陳列棚にエアロプレス器具が置いてあるのは前々から知っていましたが、自分のコーヒーの好みが濃厚なビター系から酸味(Acidity)のあるフルーティ系に確実に変遷しつつある今、自分のパフォーマンスを最大限に引き出すためにはエアロプレス式(AeroPress)がどうしても必要という結論に達し、後で嫁さんに何と説明するかも考えず衝動買いしてしまいました。

エアロプレス器具自体は60万ルピアなんですが、スタバメンバーカードで買うと250gのwhole Bean(焙煎してまだミルまたはグラインダーしてない豆)パックがもれなくついてくるということで、メンバーカードにTop-up(金額補給)してから購入することで、前から飲みたかったColombiaのMedium Roast 250gパックをゲットしました。

今回はエアロプレス器具の寸評するために、自分的には「コーヒーの印象を直球ど真ん中で伝えるような味」のキリッとした味わいが売りのPapua Wamenaの中煎り豆を、いつもどおりの中挽きで付属のスクープ(プラスティックの深めの大さじ)1.5杯分用意しました。

エアロプレス器具の使い方を簡単に説明するとこんな感じ。

  1. チャンバー Chamber(室:この場合注射器のボディ)からプランジャーPlunger(注射器のピストン部分)を押し出して、キャップ(網目状の底蓋)にペーパーフィルタを置いてして、チャンバーの底にセットし直す。
  2. チャンバーをマグカップの上に立てて載せ、挽き立てのPapua Wamenaの粉を入れて、底が平らになるよう揺する。
  3. チャンバーにお湯を注ぎ10秒ほどかき混ぜるが、お湯がマグカップの量を超えないよう注意。
  4. プランジャーを差込み、ゆっくりとプレスしていく。
coffee
おまけでもらったColombiaと今回試したPapua

つまりコーヒーの味わいに変化をつける要素としては、お湯の温度と注ぎ方、注いだ後にどれだけ寝かせるか、プレスの速度の3箇所になり、豆の種類や挽き方等まで考慮すると、順列組み合わせの公式からしても大変なバリエーションが発生することになり、「最高の一杯」を追求するためには非常に奥の深い世界が広がっていることが判ります。

で、肝心の味のほうですが、はっきりしているのはいつも淹れている機械式のコーヒーメーカーに比べて「すっきり」した味わいで、昨日飲んだ西スマトラのSolok産やエチオピアなどアフリカ系のようなフルーティー系の味わいを最大限に引き出すのに適している、というかそのためにエアロプレス器具を買ったようなものなので、目論見どおりと言えると思います。

エアロプレス式はハンドドリップ式の中でも手軽に飲めて後片付けも簡単、と評されることが多いですが、低血圧で朝一は頭が回っていない自分に、限られた時間の中でチャンバーに適量のお湯を注ぎ、飲んだ後プランジャーを引き抜いてコーヒー粉をフィルタごと捨てて洗う、といった作業をこなせるかどうかは微妙かも。

エアロプレスの器具の中で最も痛みやすいのはプランジャーの先についているゴム製のシール部分なので、使った後はプランジャーをシールが圧縮されない位置までチャンバーに完全に押し込んだ状態で保管すると長持ちすると説明書に書いてあります。

こんな投稿も読まれています