MRPからAPSへの発展のプロセスを順を追って説明してみた。

MPS, MRP, MRPII

MRPとはMaterial Requirement Planning(資材所要量計画)という名前のとおり、将来の部品や材料の調達を計画するために、製品を部品展開して在庫や発行済み製造オーダや購買オーダを引当てて正味所要量を計算するというもので、MPS(Master Production Schedule)がMRP計算のスタート地点となる。

純粋なMRP機能だけの場合、厳密に言えばExcelかなどでMPSは自前で準備する必要があり、在庫引当や安全在庫を考慮して所要量計算するのは仕掛品や材料のみになる。

もう一つのMRPはManufacturing Resource Planning(製造資源計画)といってMRP IIなどと呼ばれている。

これは従来のMRPの前に、受注オーダや内示を元にMPSを生成するプロセスが含まれ、MRPの結果として出力される購買指図から発注書(P/O)を発行するプロセスまで含むという、いわゆる生販在(PSI)システム+購買モジュールがひとまとめになっているイメージである。

通常は顧客からの受注数量はブレるものであり、受注オーダや内示をMRP計算のスタート地点として、製品在庫を引当てた上で製品の正味所要量のみを製造するというやり方は、需要がある程度予測できる業態にのみ適用できる。

このように受注オーダや内示から製品在庫を差し引き在庫MINを考慮した上でMPSを作成し、部品展開を行い所要量計算を行った結果として製造オーダを作成し、負荷平準化を考慮しながら資源割付を行った上で製造指図を発行し、これをベースに発注書を発行するという機能がMRP IIに近い。

業務システム(ERP)のコアはMRP IIであり、MRP IIのコアがMRPである。MRP IIではMPSの作成が非常に重要になってくるわけで、MPSの管理対象がF/G(Finished Goods)で、MRPの管理対象がR/M(Raw Material)とPartsという区分けがなされている。

リードタイムずらし

本来MPSは、Customer Serviceの観点からDelivery ScheduleやForecastを重視するSales部門と、現場の事情を考慮したいProduction部門の双方の合意をもって作成される最終製品の生産計画である。

インドネシアの場合、実際に現場で見る限りMPSはPPIC部門がSales部門から受け取ったForecastとDelivery Scheduleから機械的に作成し、Sales部門もMPS作成段階で特に介入することは少なく、出荷時Delayが発生しそうになるとあわてて現場におりてフォローする、という光景が日常であるように感じる。

L/T(Lead Time)の単位は日単位であり、工程ごとに日単位でL/Tずらしすることで製造指図発行のタイミングを計算するが、これは「オーダ数量が1個でも1000個でも製造時間は1日分後引きする」ということになる。

L/Tを日単位にするということは、サンプル製作などの小口オーダや稀に発生する大口オーダではなく、通常オーダに対応した計画を立てるということである。

大口のオーダが入った場合は複数マシンに並行して作業を割り当てるなど負荷平準化にて対応すべきでありMRPで対応する問題ではない。

それで対応できないということはそもそも能力計画が間違っているということである。または1日10個の生産能力に対して100個のオーダを取ってくる営業の問題である。

MRPの目的は通常生産時に正味所要量を製造するためのグロスの生産計画を作成することであり、MRPリードタイムずらしにより作成した生産計画は、現場の調整能力や生産準備(能力計画・販売計画)など人間系の努力があってはじめて成立する。

これが限界に達したときに生産計画と能力計画がアンバランスになり、MRPから効率の悪い製造指図が発行されるようになった結果、生産能力が十分あるにもかかわらず不必要な残業や休日出勤が発生したり中間在庫が滞留したりする。

この問題を解消するためにタイムバケットを設定しない有限能力のAPSの導入が検討される。

MRPのプロセス

まずMarketingやCustomer Serviceが用意したForecastから、PPIC (Production Planning and Inventory Control)が設備能力を加味しながら日次のMPSを作成する。

この際にオーダ数量の少ない製品を均等に日割りにすると段取り時間が多くなるため、週の初めであるとか月初めに集中して生産するといった調整を行う。

MRPをまわすことで所要量展開を行い正味所要量を計算すると資源能力を考慮しない製造オーダが作成されるが、同時に最終製品や仕掛品を製造するための月間必要稼動時間が計算される。

ロットまとめせずに受注オーダから直接製造オーダを作成し紐付きをもたせるものが製番システムである。

MRPと製番管理は製造工程でロットまとめするかしないかという面で大きな違いがあるため、専門書では相対する概念として扱われるにもかかわらず、システム上では「製番管理に対応したMRP」という言い方がされる。

ERPのマニュアルスケジューリング機能

この正味所要量と月間必要稼動時間を考慮しながら、資源の負荷平準化を図り製造オーダを作成する。

APSのMRP

MRP処理が2回に分かれるのは、間に負荷平準化を考慮した資源割付作業(スケジューリング)が入るためであり、調整された製造オーダを元にMRPを回し購買オーダを生成する。ここが自動化されてMPSから一気に製造オーダと購買オーダを出力できるのが生産スケジューラーである。

APS(Advanced Planning and Scheduling)のMRP場合、MPS生成以降のプロセスが一気に自動化される。

こんな投稿も読まれています