受注に対するまとめ製造と製造に対するまとめ購買

受注オーダは顧客からの出荷依頼(Delivery Schedule)であるため、まとめるなどの数量変更や修正を加えることはできませんが、受注オーダを満たす所要である基準生産計画(MPS)と、MPSを満たす製造オーダは工場内で自由にまとめることができます。

受注オーダから見た直近のロットまとめは、最終工程を通る製品の製造ロットであり、MPSから見た直近のロットまとめは仕掛品の製造ロットになります。

MRPにとっての元データであるMPSは製品の完成日ベースの製造オーダーですから、まとめるロットは前工程の仕掛品の製造ロットであり、APSにとっての元データは受注オーダですから、まとめるロットは前工程の製品の製造ロット、つまりMPSになります。

「受注1週間分」のまとめ生産

  1. 受注オーダ:顧客からの出荷依頼スケジュールであり変更不可
  2. 製造オーダ:受注オーダに対する所要(内作)
  3. 移動オーダ:倉庫間移動
  4. 購買オーダ:製造オーダに対する所要(材料・外注)

「出荷7日分をまとめて製造する」とは「受注オーダ品目である製品の出荷7日分を1製造ロットとしてまとめて製造指図を発行する」ということです。よってまとめ対象である製造オーダ品目は、最終工程の出力品目である製品であり、製品に対して以下を設定します。

  • まとめ期間(Lot Sizing Period):7日
  • まとめサイクル(Lot Sizing Cycle):週
  • まとめ開始日(Lot Sizing Start):月曜日

prdlot

「製造10日分」のまとめ購入

同じように材料所要量10日分を1購買ロットとして購買指図を発行する場合、まとめ対象である購買オーダの出力品目は材料であり、材料に対して以下の設定が必要になります。

  • まとめ期間(Lot Sizing Period):10日
  • まとめサイクル(Lot Sizing Cycle):月
  • まとめ開始日(Lot Sizing Start):月初1日

pchlot

こんな投稿も読まれています