インドネシア語でのコミュニケーションってどこまで重要なんでしょうか?

言葉よりも重要なこと

日本主導のプロジェクトの場合、日本の担当者が英語ペラペラだったとしても、何故かインドネシア語で現地のスタッフとの調整を期待されるのは、たぶん「郷に入れば郷に従え」という考えでインドネシア語でのコミュニケーションを重視されるのでしょうけど、はっきり言って間違っていると思います。

インドネシア人の客に対してインドネシア人が対応することは重要、これは絶対条件ですが、そこに日本人が介在する際にインドネシア語が必要かと言われれば僕は全く否定的です。

英語では言葉の微妙なニュアンスが伝わらないとか、英語では相手が心を開いてくれないとか理由を言われますが、確かにそういう面があるのは事実ですが、日本人がインドネシア語でコミュニケーションをとったとしても微妙なニュアンスは伝わらないし、相手が心を開くとは限りません。

かつてバリ島で家具や雑貨の輸出を生業としていた頃、日本から仕入れのためにバリ島にいらっしゃるお客さんのための仕入ガイドっぽいこともやっていましたが、もちろん違法です。

で、こっちはインドネシア語ペラペラ、日本のお客さんはインドネシア語はおろか英語もダメ、こういう状況だとインドネシア語での価格交渉を依頼されるわけですが、僕がインドネシア語でベラベラ値段交渉するよりも、日本人のお客さんが電卓をピッピッっと叩きながら無言で交渉するほうが迫力があり、僕ですら成し得たことがないような安値でディールしたりします。

英語もそれほどおぼつかないが、勘がいい人はなんだかんだで現地スタッフの意を汲み、インドネシア語で調整するこちらよりも本質を理解する人がいます。

インドネシア人は英語をしゃべりたがっている

そして大事な点ですが、インドネシア人は英語をしゃべりたがっているということ。基本ビジネスで登場してくるインドネシア人は、日本人の一般的な水準からすると英語ペラペラですので、こっちがインドネシア語で聞いても英語で返してくることが普通にあります。

このときどうするか?日本人が作ったインドネシア語の会話の流れを、インドネシア人が英語の流れに敢えてもっていったときに、こっちがインドネシア語の流れに引き戻してしまうと、水の流れが滞ります。

僕は英語はヘタクソですが、相手が英語の流れに話をもっていった場合は、必ず英語で返すようにしています。インドネシア人は言葉に対して寛容なので下手でも笑ったりしません。

言葉の持つ力はなかなか侮れないです。言いたいことを伝えるという伝達手段である以前に、相手の心にグサッとささるためには、文法的に不完全であるとか、そういう問題はどうってことないと思います。

こんな投稿も読まれています