インドネシア語の旧字体表現

自分は午前中、グランドインドネシアのDjournal Coffeeで仕事をすることが多いのですが、スタバのアイスブリューコーヒーが、仕事終えたあとの休憩時に飲みたいローストの効いたビター系とすれば、ここのアイスコーヒーはライトでさっぱりフルーティー、朝一の目覚めのコーヒーにぴったりだと思います。

「空気を読む」文化がインドネシア語を変化させる

日曜朝のThamrin-Sudirman通りはカーフリーデー、Bundaran HI(ホテルインドネシア前広場)までは徒歩圏なので、一度Tシャツ短パン姿の健康的な人々に混じってウォーキングに参加してみようと自宅アパートを出たのですが、運動不足のために予想以上に足が退化しており、Grand IndonesiaのDjournal Coffeeに避難しました。

関係詞から欧米とアジアの言語文化の違いが垣間見える

中学の英語の授業でおそらく誰もが苦労したと思われる関係詞(関係代名詞と関係副詞)の複雑な解説を、まるっと簡単にインドネシア的適当さでおおらかに包み込んでくれるのが「yang」という言葉であり、おおげさに言うと英語とインドネシア語の違いを超えた、欧米とアジアの文化の違いが感じられる文法ルールだと思います。

インドネシア語のプレゼンで間を持たせるための接続詞と前置詞

動詞の語幹に接頭辞や接尾辞がついて伸び縮みしたり、発音しやすいように語幹の頭文字を消したりするのがインドネシア語の大きな特徴の一つであり、このルールに慣れさえすれば、後は日常会話の中で単語を増やしていくだけで自然に上達していくのですが、プレゼンやMCをやる際に重要になるのが接続詞(kata sambung)だと思います。

インドネシア語の接頭語と接尾語の「おおよそ」の覚え方

日本語からインドネシア語への翻訳した文章がかっこよく見えるコツの一つは、文法の教科書どおりに「動詞の接頭辞(meとかmenとかmeng)をキチンとつける」だと思うのですが、そもそも接頭辞がmeとかmemとかmengに変わるのは無理なく発音しやすいように自然に変化した結果であって、文法書に書いてある分類の理屈はあくまで後付けでしかなく、必然的に分類に収まりきれない例外が発生します。

インドネシア語でのコミュニケーションってどこまで重要なんでしょうか?

日本主導のプロジェクトの場合、日本の担当者が英語ペラペラだったとしても、何故かインドネシア語で現地のスタッフとの調整を期待されるのは、たぶん「郷に入れば郷に従え」という考えでインドネシア語でのコミュニケーションを重視されるのでしょうけど、はっきり言って間違っていると思います。