コモド国立公園にほど近いフローレス(Flores)のコーヒー

島嶼国であるインドネシアは国の下にProvinsi(州)、県(Kabupaten)、市(Kota)という地方行政区分がなされ、その中でもバリ州と西パプア州の間に連なる島々は、ロンボク島とスンバワ島で構成されるNusa Tenggara Barat(西ヌサ・トゥンガラ州 略称NTB)と、フローレス島とスンバ島と西チモール(Timor Barat)から構成されるNusa Tenggara Timur(東ヌサ・トゥンガラ州 略称NTT)に分かれます。

サイフォン式で抽出する際の香りを楽しみたいトラジャ(Toraja)のコーヒー

現在ジャカルタはショッピングモールが乱立し、ブロックMのパサラヤ(Pasaraya)はすっかりうら寂れてしまいましたが、今だに5階に存続し続けているカフェトラジャ(Kafe Toraja)は、かつてはインドネシア語を勉強しながらカラオケ屋のお姉さんと待ち合わせする日本人のたまり場と化しており、お姉さんと待ち合わせしていると、同じお姉さんから呼び出された面識のない日本人のおじさんと相席になって気まずい思いをしたことや、お姉さんに人目もはばからずイチャイチャされて、子供連れの奥様にゴミでも見るような目で睨まれたことは一度や二度ではありません。

コーヒー栽培と観光ビジネスが融合したバリ島キンタマーニ(Kintamani)のコーヒー

バリ島ウブドゥから家具屋や木彫り屋が並ぶJl. Raya Andongに入り、そのままトゥガララン(Tegallalang)のライステラスを越えてひたすら北上するとキンタマーニ高原が見えてきますが、その途中に道すがらコーヒーを栽培する農園っぽいものが点在しており、近年の世界的なスペシャリティコーヒーブームに便乗して観光客用に見学設備を設けたり試飲させてくれたり、うまく観光スポットに組み込むあたりは、いかにも観光地としてのバリ島でビジネスをする人々のしただかさが感じられます。

ジャワ島で珍しいアラビカ種が栽培されるガルングン(Galunggung)のコーヒー

ジャカルタには西ジャワのバンドゥン(Bandung)、スバン(Subang)、インドラマユ(Indramayu)、チレボン(Cirebon)などからの出稼ぎ者が多く、按摩屋やカラオケ屋に勤める女性のうち、美人でスタイルはいいけれども、若干の虚言癖のあるお姉さんがいたら高い確率で西ジャワ出身のスンダ人です(偏見)。

ジャワ島に最も近い南スマトラのランプン(Lampung)産コーヒー

スマトラ島の最南端、ジャカルタから120kmほど西に走ったメラク(Merak)の港からフェリーで2時間ほどでランプン州のバカウヘニ港(Bakauheni)に到着するという近さから、必然的にジャカルタへの出稼ぎ者が多くなり、経験上ですが按摩屋やカラオケ屋さんのお姉さんの出身がスマトラ島であれば高い確率でランプンの人です。

美味しいのはパダン料理だけじゃなかった西スマトラのソロック(Solok)のコーヒー

西スマトラ州と言えば州都パダン(Padang)、パダンと言えばパダン料理というくらい、2011年のCNNトラベル(CNN Travel)の「世界でもっとも美味しい料理TOP50(World’s 50 best foods)」の1位に選ばれたのが、パダン料理の代表格ルンダン(Rendang)で、インドネシア在住日本人でインドネシア料理が苦手だという人でも、このルンダンが嫌いな人は皆無だと思われます。

気性の激しいバタック族のマンデリン・リントン(Mandailing Lintong)コーヒー

バタック人と言えばアンボン人、マドゥーラ人と並ぶ気性の激しいインドネシア人の代表で、オフィスにバタック出身の人間がいれば、裏では必ず「彼は(あの気性の激しいことで有名な)バタック人だ」と言われますが、女の子の場合は逆に「彼女はバタック人だ」という場合、「ああ見えても(かわいいけど)実はバタック人」というギャップを楽しむ雰囲気があります。

インドネシアの高品質コーヒーの代名詞マンデリン・トバ(Mandailing Toba)のコーヒー

北スマトラ州の州都メダン(Medan)の南90kmの標高900mにあるトバ湖の周辺にはマンデリン族(Mandailing)やバタック族(Batak)が住んでいますが、豊富な水と涼しい高原の気候はコーヒー栽培に適しており、そこで生産されるアラビカ種のコーヒーの銘柄がマンデリンと命名され世界的に有名になりました。

ご当地コーヒーの代表格アチェ・ガヨ(Aceh Gayo)

アチェと言えば2004年のスマトラ島沖地震による津波により、西海岸の州都バンダ・アチェ(Banda Aceh)の市街地を海水の濁流が流れる衝撃的な映像が鮮明に記憶に残っていますが、まさかその7年後に東日本大震災でデジャヴ(既視感)のように同じ光景が日本で起こるとは予想だにしませんでした。

エアロプレス式コーヒーメーカー

現在ジャカルタのカフェではマニュアルブリューイングでシングルオリジンのコーヒーを飲ませるのが流行りつつありますが、これまで先進国への一次産品の輸出で経済を支えてきたインドネシアが、経済成長に伴う中間層の拡大により、世界に誇れる国内産のコーヒー産地で栽培した高品質のコーヒーを、ようやく自分で味わう余裕が出てきたということであり、喜ばしい限りです。

インドネシアのスマトラ島のコーヒー

スマトラ島はインドネシアのコーヒー生産の75%を占めるほどコーヒー栽培が盛んであり、なかでもコーヒー産地銘柄の3大有名どころといえばアチェガヨ(Ache Gayo)、マンデリン(Mandailing)、ランプン(Lampung)であり、焙煎の条件で味が違ってくるとはいえ、前に以下のように勝手に寸評させてもらったことがあります。

コーヒーのマニュアルブリューイングによる淹れ方

今月4月は地球環境保全活動月間アースマンス(Earth Month)ということで、スタバメンバーカード保有者がタンブラー持参すると30%引きでコーヒーが飲めますが、仕事帰りにGrand Indonesia西館GFのいつものスタバでBrew Coffee頼んだら、以前東館にいたなじみの店員のお姉さんから「今日はグアテマラかエチオピアの豆どう?」と勧められたので、せっかくなのでグアテマラ産をマニュアルブリューイング(ハンドドリップとも言う)で頼んでみました。

世界第3位のコーヒー生産量を誇るインドネシア

もう何十年間も味に無頓着のままコーヒーを飲んできたにもかかわらず、先週土曜日にMal Ambassadorの4階にあるAroma Nusantaraというインドネシアのコーヒーをその場で挽いて飲める小さなカフェで飲んだコーヒーの味に感動して、コーヒーグラインダーを衝動買いしてしまいました。

10月1日は世界コーヒーの日

インドネシアはeコマースのポテンシャルが非常に大きく、2020年までに中国とインドに次ぐアジア第3位の1300億ドル市場にまで成長するとは聞いていましたが、実はインドネシア語の個人ブログの数も多くて、税務やeコマースについての情報をインドネシア語で検索すると、個人の詳しい人が丁寧にブログで解説してくれています。

スタバの居心地がよいと回転率が落ちる問題

日曜朝、いつものようにCIDENGのスタバで嫁さんの教会の仕事が終わるのを待っておりますが、交差点を挟んだ斜め向かいに、あてつけるようにMAXX COFFEEが進出するようで、消費者としてカフェの居心地の良い空間を享受する側には見えないところで、ジャカルタのカフェ業界では熾烈な生存競争が繰り広げられています。

インドネシアの未来のポテンシャルを体感したければスタバに行こう。

2億4千万人という世界第4位の人口を持つインドネシアは、人口構造も綺麗なピラミッド型で、2030年頃まで人口ボーナス(15~64歳の生産年齢人口が、0~14歳と65歳以上の従属人口の2倍以上ある状態)が続くと言われており、働き手1人あたり2.3人の高齢者を支える日本からすると、うらやましいくらいのバラ色の経済成長が見込まれます。