在庫評価方法と実績データ入力のタイミング

三分法では無条件に仕入時には仕入勘定(費用勘定)に計上し、月末に月初在庫と月末在庫を振替え、各々のコントラ勘定(Opening StockとClosing Stock)と仕入勘定を売上原価勘定(Cost Of Goods Sold)に振替えることで売上原価を算出するものと考えていましたが、インドネシアでは仕入時には資産勘定(材料・商品)に計上し、月末に消費した分(売れた分)だけ標準原価を元に算出した製造原価(売上原価)に振替えるケースが多いようです。

払出がP/L上の売上原価算出部分へ及ぼす影響

一般的に、ERP一体型の会計システムは継続記録法で材料残高や製品残高を継続的に把握できるので、月末の在庫振替用勘定(Opening stock, Closing stock)や仕入勘定(Purchasing material)は使用しませんが、損益計算書(P/L)上の売上原価算出を明示する部分では、人間が見て計算結果の根拠がわかりやすい三分法に沿った表記の仕方をします。

売上原価と期間原価

インドネシアで業務システム導入の仕事をやっていますが、複数のインドネシア人スタッフはそれぞれが生産管理が得意な人、会計が得意な人、プログラミングが得意な人など個性豊かな面々であり、一緒に長く働いていくにつれて直面する同じ問題に対する本質の掴み方も異なっていることが、いまさらながら判ってきました。

製造原価の積み上げ計算に必要な投入品目の総平均単価と自工程加工費

月初在庫があっても当月投入実績がない品目は、B/S上資産として計上されたままで、当月製造原価として費用化しません。投入済み未出来高(工程内在庫)は存在しない前提で言えば、実際原価計算の本質は総平均単価の費目別積上げによる投入品目の製造原価の計算と、自工程加工費の品目配賦です。

1個あたり何分かかるかが工数、1時間あたりいくらかかるかが賃率

現在ルピア下落に相関する国内消費の冷え込みから景気が下降気味ですが、中国やタイに比べてインドネシアの日系企業のシステム化は大きく遅れているため、国内IT市場の潜在的な拡大可能な「のりしろ」の大きさという点でインドネシアは非常に魅力的な市場であり、今後も日系Sier等の進出が続くと思います。

原価管理システムの予算原価と会計システムの予算管理

予算とは「予」=あらかじめ「算」=けい算するという意味であり、売上と費用の予定見積もり金額を算出し利益を予測する。経理の仕事で重要な作業が決算と予算であり、決算は会社が1年間の営業活動を終えた後に行い、予算策定は会社が1年間の営業活動を始める前行う。

システム上の会計と在庫の同期方法

勘定連絡図を見ると、P/L上で売上-売上原価が売上総利益であり、売上原価は月初製品+当月製造原価-(他勘定振替+月末製品)である。当月製造原価(COGM)は月初仕掛品+当月製造費用-月末仕掛品であり、当月製造費用は材料費+製造労務費+製造経費から成る。詳細は6. 原価管理システムとはから。ちなみに売上総利益から販管費を差し引いたものが営業利益であり、営業外収益費用を考慮した後が経常利益になる。

総合原価計算の累加法と非累加法

総合原価計算では、三分法で帰納的に算出された製造原価を製造数量で割って製造原価単価を求めますが、原価管理システムを使うことで、直接材料費は総平均単価で計算され、製造間接費(製品に直接付与できない費用)は会計システムから部門集計され、配賦比率に基づいてコストセンターに一次配賦され、直接工数で品目按分することができます。