生産実績が月をまたぐ場合の仕掛品在庫と製造原価

WIP cost

原価管理の重要性 企業会計では収益(売上)と費用(仕入)は、入荷基準(出荷基準)であれ検収基準であれ、取引が発生した時点で認識されるため、一ヶ月間の収益から費用を引いた利益は実際の現預金の残高とは一致せず、例え材料を買う仕入先と製品を売る先の顧客との取引条件が翌月末払いと同じであったとしても、 売上または資本金を源泉とする現預金残高 利益を小さく見せる要因となっていた減価償却費 月中に都度発生する材料費以外の製造固定費の支払い 販売管理費・営業外費用の支払額 顧客からの入金前にやってくる給料の支払額 Read More

在庫評価方法と実績データ入力のタイミング

inventory

継続記録法(Perpetual Method)と三分法(Periodic Method)の在庫評価 三分法では無条件に仕入時には仕入勘定(費用勘定)に計上し、月末に月初在庫と月末在庫を振替え、各々のコントラ勘定(Opening StockとClosing Stock)と仕入勘定を売上原価勘定(Cost Of Goods Sold)に振替えることで売上原価を算出するものと考えていましたが、インドネシアでは仕入時には資産勘定(材料・商品)に計上し、月末に消費した分(売れた分)だけ標準原価を元に算出した製造原価 Read More

原価管理システムの生産実績ベースと投入実績ベースの発生費用

production cost

会計システムの当月発生費用は「材料費以上製造原価未満」 会計システムの最終目標はP/LとB/Sを作成することですから品目マスタを装備していません。 月初材料在庫+当月購入材料-発生材料費(仕掛品になった分)=月末材料在庫 月初仕掛品在庫+(発生材料費+発生加工費)-製造原価(製品になった分)=月末仕掛品在庫 会計的には材料が使用されることで発生材料費となり、そのうち製品になった分が製造原価としてP/Lに計上され、製品になりきれなかった分が仕掛品としてB/Sの月末仕掛品在庫として計上されます。 つま Read More

当月発生費用と仕掛品製造原価の関係

cogm

仕掛品はP/LではなくB/Sに月末残高として登場する 自分は昔原価を勉強し始めの頃に、製造原価が製品の製造費用であることを理解するのに随分時間がかかりました。 そして製造原価が「製品の製造費用」であることをやっと理解できた後に悩んだのは「なんで発生材料費や製造原価や売上原価は三分法で計算するのに、その間にある仕掛品の製造原価は計算しないの?」ということでした。 月初材料在庫+当月材料購入-月末材料在庫=当月発生材料費 月初仕掛品在庫+(当月発生材料費+当月加工費)-月末仕掛品在庫=当月製品製造原価 月 Read More

総平均法と三分法で計算される発生費用と製造原価

cost

材料費と加工費の発生タイミング 発生材料費は投入実績数量ベースで計算された発生費用で、加工費と合わせて当月製造費用となりますが、必ずしも製造原価になるとは限りません。 +材料月初在庫 +当月購入 -当月発生材料費(投入) ———– 材料月末在庫 当月発生材料費は発生加工費と共に製造原価または月末仕掛品在庫になります。 +仕掛品月初在庫 +当月材料費発生 +加工費発生 -仕掛品月末在庫 ———— Read More

固定費を製品のみに賦課するか仕掛品にも賦課するかの問題

cost

インドネシア語で移動とか変更などの「動かす」ことをmutasiといいますが、これは英語のmutationから来た外来語であり、このmutasiには大きく分けて入庫(Goods Receive)と出庫(Goods Issue)と在庫移動(Movement)と在庫振替(Transfer)の4つがあります。

“固定費を製品のみに賦課するか仕掛品にも賦課するかの問題” の続きを読む

払出がP/L上の売上原価算出部分へ及ぼす影響

financial statement

一般的に、ERP一体型の会計システムは継続記録法で材料残高や製品残高を継続的に把握できるので、月末の在庫振替用勘定(Opening stock, Closing stock)や仕入勘定(Purchasing material)は使用しませんが、損益計算書(P/L)上の売上原価算出を明示する部分では、人間が見て計算結果の根拠がわかりやすい三分法に沿った表記の仕方をします。

“払出がP/L上の売上原価算出部分へ及ぼす影響” の続きを読む

売上原価と期間原価

cost

インドネシアで業務システム導入の仕事をやっていますが、複数のインドネシア人スタッフはそれぞれが生産管理が得意な人、会計が得意な人、プログラミングが得意な人など個性豊かな面々であり、一緒に長く働いていくにつれて直面する同じ問題に対する本質の掴み方も異なっていることが、いまさらながら判ってきました。

“売上原価と期間原価” の続きを読む

製造原価の積み上げ計算に必要な投入品目の総平均単価と自工程加工費

cost

月初在庫があっても当月投入実績がない品目は、B/S上資産として計上されたままで、当月製造原価として費用化しません。

投入済み未出来高(工程内在庫)は存在しない前提で言えば、実際原価計算の本質は総平均単価の費目別積上げによる投入品目の製造原価の計算と、自工程加工費の品目配賦です。

“製造原価の積み上げ計算に必要な投入品目の総平均単価と自工程加工費” の続きを読む

1個あたり何分かかるかが工数、1時間あたりいくらかかるかが賃率

wage

現在ルピア下落に相関する国内消費の冷え込みから景気が下降気味ですが、中国やタイに比べてインドネシアの日系企業のシステム化は大きく遅れているため、国内IT市場の潜在的な拡大可能な「のりしろ」の大きさという点でインドネシアは非常に魅力的な市場であり、今後も日系Sier等の進出が続くと思います。

“1個あたり何分かかるかが工数、1時間あたりいくらかかるかが賃率” の続きを読む

実録!バリ島でのブティック経営体験から学ぶ限界利益と損益分岐点

cost

8年前までバリ島デンパサールのRamayana MallとSanurのDanau Tamblingan通りでブティックをやってたんですが、そのときの戦略が「ジャカルタの流行が3ヶ月遅れでバリ島にやってくる」ことを利用したタイムマシン経営です。

“実録!バリ島でのブティック経営体験から学ぶ限界利益と損益分岐点” の続きを読む

実際原価計算と標準原価計算の差異分析

money

実際原価計算と標準原価計算の差異分析 前期末に立てた計画を元に実績を比較する 工場では年度末に製造費用予算(材料費・労務費・製造間接費)、生産予定数、能率などの来期の計画を作成し、実際発生額、生産実績数、実績能率との比較を行います。 生産予定数量 能率(稼動予定時間÷生産予定数量) 予算(直接材料費・直接労務費・製造間接費) 標準原価では直接労務費や製造間接費も変動費のように計算する 製造原価は大きく分けて直接材料費(モノ)、直接労務費(人)、製造間接費(機械)にカテゴリ分けされ、変動費の大半は直 Read More

原価管理システムの予算原価と会計システムの予算管理

money

インドネシアは2050年まで人口ボーナス、年少(14歳以下)と老年(65歳以上)を足した、いわゆる従属人口が相対的に減少した状態が続くそうです。ということは内需に関しては僕が生きているうちは安泰ということか。別にインドネシアに骨を埋めるつもりはないけど・・・。

“原価管理システムの予算原価と会計システムの予算管理” の続きを読む

会計と在庫の同期方法をシステムのモジュールごとの動きから考えてみた。

cost

インドネシアの製造業へのシステム導入のやり方としては、まずは販購買在庫システムを導入し、P/O(Purchase Order 発注書)とD/O(Delivery Order 出荷指示書)をシステムから発行できるようになってから会計システムに繋ぎ、最後に製造工程実績管理のシステム化という流れが理想的だと思っています。

“会計と在庫の同期方法をシステムのモジュールごとの動きから考えてみた。” の続きを読む

総合原価計算の累加法と非累加法

cost

総合原価計算では、三分法で帰納的に算出された製造原価を製造数量で割って製造原価単価を求めますが、原価管理システムを使うことで、直接材料費は総平均単価で計算され、製造間接費(製品に直接付与できない費用)は会計システムから部門集計され、配賦比率に基づいてコストセンターに一次配賦され、直接工数で品目按分することができます。

“総合原価計算の累加法と非累加法” の続きを読む