固定資産管理システム導入時に発生する問題と原因

dies

昔、新卒で入社した銀行系システム会社では勘定系と情報系と大きく二分されていましたが、そのクセが抜けないのか未だに僕の頭の中では「業務系システム=勘定系」「WEB系システム=情報系」という構図が出来上がっております。

“固定資産管理システム導入時に発生する問題と原因” の続きを読む

インドネシアで固定資産管理システムを導入するポイント

fixed asset

インドネシアの固定資産管理 インドネシアで固定資産管理システムが導入されている会社は少なく、ほとんどの日系企業が固定資産台帳をExcelで以下の情報を管理しています。 固定資産コード 取得日 取得価額 固定資産種別:建物 構築物 車両運搬具 備品 償却方法:定額法 定率法 耐用年数:4年 8年 12年 20年 償却開始日 償却完了予定日2.分類情報:主に帳票出力の切り口となり会社によって分け方が異なる 場所 部門 グループ インドネシアで固定資産として費用計上できる品目は耐用年数によって分類されて Read More

インドネシアの出退勤管理・給与計算システムの開発

human

出退勤管理システム(Attendance system) インドネシアでは出勤時にタイムカード(kartu absensi)をガッチャンと押して(absenすると言う)出退勤時刻が刻印されるタイプのものが主流ですが、ガッチャンと同時に中のメモリーにデータが書き込まれ、USB経由でCSVファイル形式で取り出せるタイプのものもあります。 ただメモリ容量が2~4MBとか小さい機種が多いので、1人あたりの1日の出退勤データ必要量(1レコードあたり何バイトか)、社員数、メモリ内のデータ保管期間、マスタに必要な容量等 Read More