会計的視点から業務システム全体を理解するということ

ここ2ヶ月ほどインドネシアの日系企業でも、基幹システムのサーバーがWannaCryというランサムウェア(ransom=身代金)に感染しアクセスできなくなったので、ハードディスクをフォーマットをしてDBのバックアップをリストアして復旧させる、という事例が増えています。

インドネシアで生産管理システムの仕様が確定して現場で運用されるまで

インドネシアの現地法人へのシステム導入の場合、日本本社の情報システム部を中心とした日本サイドと、インドネシア現地で導入を担当する日本人の間ですべての要件を決めてしまい、現地のインドネシア人のスタッフに「はい、我々日本人がちゃんと考えて設計したシステムをどうぞ使ってください」という爆弾投下パターンと、各部門のインドネシア人を交えて喧々諤々の意見交換を重ねながら最大公約数的仕様を模索するインドネシア伝統ムシャワラ(話し合いで合意を得る)型に大別されます。

計画生産の製造指図とかんばんの違い

製造指図もかんばんも、生産管理部が内示情報に基づいてMRPをまわした結果である実所要量がベースとなりますが、製造指図は生産計画を作業単位に実体化(プッシュ方式)したものである一方で、かんばん方式は製造現場にて使った分だけ後工程が前工程から引き取ったことにより(プル方式)、事後の結果として作業単位の実体となったものです。

生産管理システムのMRPと生産スケジューラーの違い

生産管理システムでMRPをまわすにあたって最も気を付けるべきことは、基準生産計画(MPS)が重複しないことだと思いますが、そのためにはMRPのためにEDI(Electronic Data Interchange)データとして取り込む「確定受注+内示」全部を毎回洗替できれば一番いいのですが、受注残という実績情報が確定しているためそう簡単にはいきません。

時間基準の稼働率とストローク基準の負荷率

タクトタイム(T/T)はトヨタの親分が下請けの子分に対して、自分が出すオーダをキチンと消化するために1個あたり何秒で加工しなさいと指導する目標値であり、例えばトヨタが下請工場に1日あたり1,000個のオーダを出す場合、下請工場の稼働時間が15時間/日(うち非稼動時間3時間)であれば、下請工場は以下のようにタクトタイム43.2秒/個を目安に加工することになります。

実績ベースの原価計算より予測ベース所要量展開が難しい理由

「翌月内示に必要な材料の正味従属需要」を計算するためには、月末時点の製品と材料の「予測在庫」を引当た上での需要を計算する必要がありますが、生産管理システムのMRP機能を使って月中時点に「予測される月末在庫を考慮した上で翌月内示に必要な正味従属需要を算出」するには以下の手順が必要です。

システムと組織図の中の倉庫と部門

生産管理をシステムの機能面から見た場合、「購買管理+製造管理+販売管理」という主要機能に分解されますが、在庫移動が発生する場所という観点から見た場合、その場所で保管されるモノが生産に関わるか販売に関わるかによって「生産管理(購買と製造)+販売管理」と分類できます。

インドネシアのかんばん方式について考えてみた。

通常のERPではロット生産を前提としており同じ製品をまとめて指図(計画)し製造実績が上がるが、かんばん方式では指図なしで後工程からの引取りかんばんに応じて複数ラインが品目や数量の好き嫌いせず製造する能力が必要であり、いろんな製品を均等にばらして生産する平準化生産能力が必要になり、その究極は1個流しである。

保税工場へのシステム導入

保税区はインドネシア語でKB (Kawasan Berikat)、英語でBONDED ZONEと呼ばれ、以前はオランダ語とインドネシア語が合わさった略語EPTE(Entrepot Partikelir Tujuan Ekspor=保税認可工場)という言葉もあったが、最近はPKB(Pengusaha Kawasan Berikat)として保税区域内企業として扱われる。

インドネシアの保税区の在庫管理システムで実装すべき内容

2013年1月から保税区の工場がBea Cukai(税関)から在庫管理の強化を求められています。 具体的成果物としてBea Cukaiが求めているのは四半期の在庫取引に関するレポートなのですが、四半期ということは2013年1月から4月までが初回の対象期間となっており、急な対応を迫られている保税区内工場も多いようです。 以前より税関は保税区内工場に対して在庫管理システムの透明化を求めてきましたが、今回特徴的なのは在庫管理のシステム化を求めていること、つまりExcelによる管理管理は許さないというところにあります。

インドネシア日系製造業に対する業務カイゼン提案

システム会社の仕事と言えば「システム開発」とか「システム構築」という言葉が思い浮かぶ。ERPの場合、現在のSOP(Standard Operation Procedure)をシステムに置き換えることにより、業務効率のアップ、データの有効活用等をお客さんに提案する。その置き換えるシステム(ソリューション)の違いがシステム会社の「色」であり、お客さんは複数の業者から提案されるソリューションを比較し相見積もりを取り、総合的に自社にあったシステムの選定を行う。

インドネシアの日系製造業における棚卸の問題

インドネシアの工場では毎月末棚卸しするところが多いです。ただ工場によっては月末の棚卸しは軽いやつで、上半期下半期にきっちりと棚卸しするところもあります。ところが僕の経験では、棚卸しって現場のスタッフはあまり重要性を理解していません。棚卸し数量が違うと次の棚卸しまでの期間、在庫数量が狂ったままだし、製品在庫だと出荷計画に影響します。