ロンボク島で考えた「劇場型」という言葉

Bali

リゾートホテルは劇場そのもの 先日はじめてロンボク島に遊びに行って感じたことは、マタラム空港が廃止され2011年にロンボク国際空港が開港した現在でも、ロンボク島はとにかく田舎であるということ、そしてオーシャンビューのホテルに泊まりたければバリ島よりもロンボク島のほうが10倍コスパが高いということ。 間抜けな話ですが、ロンボク島はバリ島のすぐ右横にある島だから当然ヒンドゥ教の島なんだろうと勝手に思い込んでおり、空港に到着すると女性のジルバブ率が非常に高いことに気づき、はじめてここがイスラム文化圏であること Read More

ジャワの神秘信仰と日本の八百万の神

solo

昨年末にドイツ留学中のうちの嫁さんの妹が、インドネシアに一時帰国中にSetan(悪魔)に取り憑かれてしまい、しばらくうちのアパートに引き取って何回かに分けて教会で悪魔祓いすることで、ようやく内に居座っていたサタンをbakar(焼却)してしまうことに成功したのですが、このとき「熱い、熱い」と言いながら蛇、トカゲ、虎、龍などいろんな生物が出てきた後、最後までしぶとく残ったのがジャワ語を話すお婆さんで、どうもこれが何世代も昔から引きずってきた執念深いババアだということまでは判ったのですが、結局正体不明のまま終わ Read More

Pizza HutとFitsa Hats

pizza

2017年初頭、ここ最近のインドネシアのネット上ではFitsa Hatsという言葉が飛び交っています。 昨年末に発生したジャカルタ州知事Ahok氏辞任要求デモに関連して、事の真偽はともかくAhok氏によるイスラム侮辱行為を警察に告発する「Saksi(証人)」が何人もいますが、その中の一人にイスラム擁護戦線(FPI Front Pembela Islam)ジャカルタ支部事務総長のNovelという人が居ます。 Novel氏の訴えに基づいて、警察はBerita Acara Pemeriksaan(告訴内容に関す Read More

悪魔祓い

solo

嫁さんの妹がサタン(悪魔)に取り憑かれた しばらく連絡してこなかった嫁さんの妹から「サタン(悪魔)に取り憑かれたよー」と泣きの電話が入ったのが昨年末12月上旬。以来3週間に渡って彼女に居座ったサタンは、3回の悪魔祓い(Pelepasan setan )を経て、ようやくどっか別の場所に立ち去って行きました。 自分もこの手の話には半信半疑な平均的日本人なので、最初は彼女に対して「オマエは何を言っているんだ」的な冷たい態度を取りましたが、国費でドイツ留学するくらい優秀な彼女が、何かに取り憑かれたように意味不明な Read More

宗教の違いによる価値観の差をどこまで許容できるか

demo

Jum’atan(イスラムの金曜礼拝)後に、デモ隊がホテルインドネシア前広場に集まってくると聞いていたので、早めにオフィスを出てアパートに戻るためにPlaza Indonesia側の通りに出たところ、団体さん既に到着済みでした。

“宗教の違いによる価値観の差をどこまで許容できるか” の続きを読む

因果応報を意識するとき

karma

バリ島にいたときはカエルやナマズをワルンでも中華料理屋でも普通に食べていたのに、ジャカルタに来て一切食べなくなった、というよりいつの間にか生理的に受け付けない体になってしまっています。 思い起こせば2001年から2008年までバリ島で遊ぶように仕事をしていまして、自宅リビングに250cmの大型アクアリウムを設置して、アロワナ12匹と淡水エイを混泳させて悦に入っていましたが、そのときの彼らの餌がコオロギ、カエル、そしてなまずの子だった。。。 味や食感は覚えているので、特に恐れることはないのですが、今目の前に Read More

普段は敢えて考えないようにしている宗教について

bali

無宗教の日本人が宗教必須のインドネシアで生活すること 先週土曜日の夜、ジャカルタで地震がありまして、28階の部屋のダイニングテーブル上のランプが結構な幅で揺れました。僕は元々右耳の三半規管がおかしいので特段の揺れは感じず、ランプの揺れを指摘されてから「おー」という程度です。 一般的に日本人は地震慣れしていますが、インドネシア人は地震慣れしていないので、小さな地震でもかなり恐怖を感じるようです。高層階に住んでいると倒壊とかいろんな悪夢を想像するんでしょうね。 アパート借りるときも地震で倒壊なんてありえないか Read More