20年目の節目

相対的価値を身に付けるには? 人間の相対的価値とは、結局はどれだけ他人に役に立てるか、ということなんでしょうが、人の役に立つには他人が出来ないことが出来たり、他人よりも物知りだったりする必要があります。 技術とか情報は現場での日常業務で体得した経験に基づいた場合に初めて説得力を持ち、ネットや本で習得することは出来るものもあるとはいえ、基本は本業の中でしか身につきません。 そうだとしたら、忙しいを理由に断ることは機会損失であり、そもそもサッカー選手は「なんで俺にパスを回すんだ」とは文句を言わないですよね。 Read More

椰子の実ジュースの効用

coconuts

椰子の実ジュースが飲めるというだけでインドネシアに住む価値がある。 自分はkelapa mudah(若い椰子の実)が大好物で、アパート下のワルン(warung 食堂)で椰子の実を買ってから自宅アパートに帰るというのが日常ルーチンとなっているので、たまに帰りが遅くなってワルンに立ち寄れないと、病気でもしたんじゃなかろうかと店番のお姉さんが心配してくれます。 椰子の実はジャカルタの道端の屋台(kaki lima)でも、スーパーマーケットの果物売り場でも売っていますが、必ずしも美味しい椰子の実に当たるとは限らず Read More

インドネシアで仕事をする上での実務と管理のバランス

robot

チャンギ空港イミグレーション出国カウンターの機械化に感動 先日ビザ更新のためにシンガポールに出国し、翌朝の飛行機でジャカルタに戻ってきたのですが、チャンギ国際空港の出国イミグレーションが機械化されていたことに感動しました。 チャンギ空港イミグレーション自動化キター。パスポートをスキャンして指紋認証、その間わずか30秒。シンガポールスゲー。 pic.twitter.com/tw8mfl5H30 — やまぞう (@yamazou) July 22, 2017 これまでの人による出国手続きカウ Read More

インドネシアでの危険な思い出

police

先日自分の部下が電車内でスリに合いまして、リュックを20cmほどきれいに切り裂かれており、スマホは抜かれたようですが、幸いKTP(身分証明証)とかSIM(運転免許証)の入った財布は無事だったようです。 彼は同じ手口でスマホを抜かれたのがこれで2回目らしく、電車の中で油断しやすいという本人の資質を考慮しても見ごとなスリの仕事なんですが、実際のところ満員電車やバスの中やモールの人ごみの中でカミソリというのはインドネシアのスリの典型的な手口であり、昔バスの中で売上金盗まれたと泣いていたおじさんのリュックも縦方向 Read More

ジャカルタの洗車屋が儲かるのかどうか勝手に試算してみた。

Car

日曜午前中の洗車屋の状況 ジャカルタの気候は4月から9月までが乾季、10月から3月までが雨季、ちょうど決算の上半期下半期に合致していますので、ようやく長かった雨季が明けつつあるのか、毎週洗わないと通行人の視線がはばかられるほど汚れた車も、雨の頻度が減ったために週2ペースでも大丈夫になりました。 この時期いつも思い出すのは3.11東日本大震災の日、6年前のあの日のCikarang EJIP工業団地は結構雨が降っており、ラーメン38にに昼飯を食べに入ったら、お客の視線がNHKのニュースに釘付けになっており、 Read More

奇数偶数規制を避けて時間をつぶす人々

barista

一時は天下の悪法とまで言われた奇数偶数規制(Aturan Ganjil-Genap)も、結局朝7:00から10:00まで、夕方16:00から20:00までに定着してしまい( 3 in 1は夕方16:30から19:00でした )、オフィスの引越しにあわせてSudirman通りの西側のアパートに引っ越したはいいものの、Senayanに行くには結局Sudirman通りを通るしかないので、昨日は6時にアパートを出て6時半前にはSurirmanを抜けてSenayan区域に到着すると、そこにはジャージ姿でヘッドフォー Read More

車は最終形より改良が重要であるのと同じように努力は結果よりも過程が重要であるということ。

process

消費者は改良の過程を評価する 2016年型Avanza Velozが納車されて2週間ほど経ちましたが、売却済みの2012年型Avanzaと同じ感覚で運転できるとはいえ、微妙に改良されている点があります。 ハンドルが軽くなった ⇒華奢な女の子でも運転しやすいと思いますが、Tolで時速100km出したらどうなるかちょっと心配。ハンドル回したくないのに回っちゃったみたいな・・・・。 エンジンブレーキが滑らかになった ⇒前のは下り坂に差し掛かるとウィウィーーンと重い音がしてギアが無理やり切り替わるので、そのた Read More

インドネシアでトヨタAvanzaが売れまくる理由

Avanza

4年弱乗ったトヨタAvanza 1.3 G 2012が、ちょうど5年目に突入し自動車保険の契約更新のタイミングに合わせて、Avanza 1.3 Veloz 2016に替えたわけですが、一般論で言えば、日常生活の中で車の納車の瞬間ほどテンションが上がる瞬間ってそうそうないと思うのですが、なんなんだろう、このトキメキのなさは。

“インドネシアでトヨタAvanzaが売れまくる理由” の続きを読む

日本のSMBC信託銀行に送金したら三井住友銀行に誤送金された件

SMBC

昨年2015年11月から、日本の旧シティバンク銀行のリテールバンク事業は、SMBC信託銀行に統合され「プレスティア」という事業部門に引き継がれたというのは周知の事実、、、でもなく口座持っている人以外誰も知らないマイナーな話だと思います。

“日本のSMBC信託銀行に送金したら三井住友銀行に誤送金された件” の続きを読む

日系企業の雰囲気に慣れるということ。

Window cleaning

世の中にはいろんな仕事がありますが、僕にとってこれは絶対無理ゲー、と思われる仕事で真っ先に思いつくのは高層ビルの窓拭きなんですが、Grand Indonesiaに併設するMenara BCAの地上50階をゴンドラに乗って上下するお兄さんにとっては、携帯カメラを向けても微笑み返すくらい余裕のよっちゃんいか(死語)です。

“日系企業の雰囲気に慣れるということ。” の続きを読む

廃ビルの時間が止まった空間で感じたこと

kosgoro

ジャカルタのド真ん中、Thamrin通りの午後の渋滞がいつもにも増して暑苦しく、地下鉄MRT工事のクレーン車と資材が雑然と置かれている分、秋篠宮ご夫妻が宿泊された旧日航ホテルの新館を引き継ぐプルマンホテル外観の白が一層映えて美しく、インドネシア人のgengsi(見栄)を集約したようなプラザインドネシアのルイヴィトンの高級感溢れるロゴが、一層洗練されて見えます。

“廃ビルの時間が止まった空間で感じたこと” の続きを読む

謙虚さは日々の技の反復練習による自信から生まれる

kura2

先週、Tolブカシ手前の大渋滞の中で、ブレーキに足をかけたまま一瞬居眠りしてした隙に前のトヨタYarisに追突してしてしまいましたが、今日、修理工場送りになっていた全治一週間の愛車Avanzaが、変形したボンネットも割れたバンパーも新品みたいにピカピカになって戻ってきました。

“謙虚さは日々の技の反復練習による自信から生まれる” の続きを読む

行列待ちに割り込まれると何故傷つくのか?

インドネシア人は場所やイベント、人の名前までなんでもかんでも短縮形にしてしまうのですが、僕の生活圏内で身近なところではKota Kasablankaモールは「コカス」、Kuningan Cityモールは「クンチット」、そして誰もが知るMcDonald’sは「メクディ」になります。

“行列待ちに割り込まれると何故傷つくのか?” の続きを読む

Masuk anginというインドネシアで未だに理解できない体調不良の症状

kerokan

インドネシアに初めて来た人が、運悪く飛行機の隣の座席にマスクもせずに咳こんでいる人間が座った場合、スカルノハッタ空港からホテルに到着する頃には喉がイガイガし始めて「風邪うつされたかな」となります。

“Masuk anginというインドネシアで未だに理解できない体調不良の症状” の続きを読む

もうジャカルタのミーティングは全部リモートにしちゃいましょうよ。

macet

ジャカルタは今日も渋滞
交通事故、労働者のデモ、豪雨によるバンジール
何にもなくとも自然渋滞
工業団地を往復すると丸1日潰れ
ミーティング1時間、往復4時間
現地の駐在員は理解しているが
日本のお客はその肌感覚がない
その真面目さが、その誠実さが
現地の人間を消耗させる・・・

日本主導のプロジェクトでありがちな不満をポエム調で綴ってみました。

“もうジャカルタのミーティングは全部リモートにしちゃいましょうよ。” の続きを読む