ビットコイン取引に関する会計仕訳と課税の予測

雑所得ということは総合課税対象に含まれるわけで、最大で所得税率50%がまともにかかる可能性があり、多くの仮想通貨プレイヤーを失望させたようですが、インドネシアの場合、仮想通貨はあくまでもモノの売買と同じく、付加価値税VAT10%(PPN=Pajak Pertambahan Nilai)対象であることは確定しています。