インドネシアのFinTech事情

インドネシア人の生活に浸透したGO-JEKアプリ うちは日曜の夜飯はだいたいGO-FOODでデリバリーしてもらって、テレビ見ながらエアコンの効いた部屋でのんびり食べることが多いのですが、今日は僕がジャカルタのBaksoでは一番美味いと思っているBakso Soloをデリバリーしてもらい、GO-PAYで支払いました。 Bakso2人前で合計Rp.77,000ですが、GO-RIDEやGO-CARを呼ぶときや、GO-PULSAでスマホのプルサをトップアップする際に、いつの間にかVOUCHERが溜まっていき、今回 Read More

ビットコイン取引に関する会計仕訳と課税の予測

bitcoin

仮想通貨取引での確定利益に対する課税 日本の国税庁から仮想通貨売買で生じる利益についての税務上の課税方針が公表されています。 No.1524 ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係 雑所得ということは総合課税対象に含まれるわけで、最大で所得税率50%がまともにかかる可能性があり、多くの仮想通貨プレイヤーを失望させたようですが、インドネシアの場合、仮想通貨はあくまでもモノの売買と同じく、付加価値税VAT10%(PPN=Pajak Pertambahan Nilai)対象であることは確 Read More

インドネシアの暗号通貨(仮想通貨)事情

bitcoin

中国政府がICO禁止措置というニュースの衝撃 昨日、中国でICO(Initial Coin Offering 新規仮想通貨公開)禁止という衝撃のニュースがTwitterやFacebookなどSNS界隈で賑わっています。 企業が株式市場を通さずにトークン(自社発行のビットコインのような暗号通貨)を発行して投資家から主にイーサリアム(ビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコインの一つで、その他有名どころにリップルXRPがある)を集める融資活動ですが、よっぽど信頼できる会社が発行するトークンだとしても、かなりの Read More