Google analyticsで自分のスマホからのアクセスを除外する方法

PC版のIE・Chrome・Firefoxなど全部のブラウザにオプトアウトをインストールすれば、自分のPCからのアクセスはGoogle analyticsにカウントされなくなりますが、スマホ版のChromeにはこのオプトアウトアドオンがないのでカウントされてしまいます。

最近名前を聞かなくなったSleipnir(スレイプニール)のスマホ版にオプトアプトがあるのでやってみましたが、何故かオプトアウトが機能せず、普通に自分のスマホからのアクセスがカウントされてしまいます(謎)。SSL通信だとオプトアウトが機能しないのでしょうかね?

スマホからのアクセス除外方法では、Google analyticsのフィルタ機能を使って、スマホに保存させたCookieのフィルタパターンの文字列でフィルタさせる方法が一般的みたいですが、気持ち的にGoogle analyticsでのフィルタはリファラースパムだけに止めたいし、何より移転したばかりのXserverのドメインディレクトリに余計なファイルをアップしたくない。。。

Google analyticsのアクセス解析の仕組み

WEBサイトのbodyタグ直後に以下のトラッキングコードスニペット(プログラミング言語の中で簡単に切り貼りして再利用できる部分)を貼ると、アクセスがあるたびにGoogleのサーバーにHTTPリクエストヘッダー情報が送信されます。

このanalytics.jsに定義されているga関数に自分のトラッキングIDを引数として渡して実行することで、HTTPリクエストヘッダーを元に収集した情報が、GoogleのサーバーでトラッキングIDごとに管理されます。

アクセスを除外するには、このスニペットが実行されないようにすればよいわけですが、PC版のブラウザではオプトアウトアドオンをインストールすることで除外します。

WordPressのプラグインでログインユーザーをカウントさせない方法

自分のスマホからのアクセスは、管理画面にログインした状態をキープさせておいて、プラグインでログインユーザーはカウントさせないという方針に変更しました。

管理画面へのログイン時に「ログイン状態を保存する」にチェックをした場合のCookieの有効期限は14日間で、チェックしない場合は2日間が標準仕様ですが、有効期限を延長するコードをfunctions.phpに書いてもいいのですが、Remember Me Controlsというプラグインで簡単に無期限に設定できます。

そしてUltimate Google Analyticsでログインユーザーは無視する設定をすることで、自分のスマホからのアクセスを完全に除外することができます。

自分のスマホにCookieを保存させるJavaScriptを実行させるためのHTMLファイルをドメインディレクトリにアップする方法では、どうしても自分以外の第三者がこのHTMLファイルにアクセスしてしまうんじゃないか、という懸念が払拭できませんが、WordPressのプラグインで実装すればその心配はなくなります。

まあ、この目的のためだけに2つもプラグインをインストールすることに多少抵抗がありますので、スマホ用ブラウザのオプトアウトアドオンが配布されるまでのつなぎの措置になると思います。

こんな投稿も読まれています