PHP – HTMLフォームからのデータの受け取り方

クライアントとサーバー間の通信

ネットワーク通信構造を7階層のプロトコルに分けたのがOSI参照モデルなんですが、クライアント(Webブラウザ)とWebサーバとがデータを送受信するのに使われるのがHTTPプロトコル。OSI参照モデルではセッション層に属しています。

  • 7. アプリケーション層(HTTP,FTP,DNS)
  • 6. プレゼンテーション層(HTTP,FTP,DNS)
  • 5. セッション層(HTTP,FTP,DNS)
  • 4. トランスポート層(TCP)
  • 3. ネットワーク層(IPルーティング)
  • 2. データリンク層(Ethernet)
  • 1. 物理層(UTPケーブル, ネットワークアダプタ)

HTMLフォームにデータを入力させて、ブラウザからデータをサーバーのファイルに引き継ぐ場合に使うのがGETメソッドかPOSTメソッドで、これらは全部HTTPプロトコルの中に定義されています。

クライアントPCで作成するPHPやHTMLファイルは、Windows上で文字コードに1対1で変換されて保存されます。このときUTF-8Nでエンコード(符号化)することにより、サーバーがクライアントに表示する際のエンコードが正しくUTF-8Nで行われ、クライアントPCでのデコード(復号化)も同じくUTF-8Nで行われます。

以下はアップロードしたファイルの文字コードとサーバーのエンコードが異なることによる文字化けの例。

  1. PCで文章を書いて自動的にShift-JISでエンコード化され保存
  2. クライアントからサーバーにページアップロード
  3. クライアントからサーバーにページ要求
  4. サーバーはクライアントに文章をUTF-8Nでエンコードして表示
  5. 文字化け

フォーム部品

フォーム部品は入力を受け付ける部品とデータを送信する部品(inputタグ)があり、type属性、name属性、value属性、size属性、maxlength属性、placeholder属性(うっすら表示)などが付けられます。

inputタグのtype属性の値にはtext(テキストボックス)、submit(送信ボタン)、password、hidden(フォーム部品を表示させる何かを送る)、checkbox(チェックボックス)、radio(ラジオボタン)などがあります。

 

最後にこれらのフォーム部品の最初と最後を囲って入力値を送信するのがformタグで、action属性にファイル名、type属性に送信方法(POSTかGET)を指定します。これで「HTTPプロトコルのPOSTメソッドを用いてmail等のフィールド名のコントロールに格納された値をtarget.phpに渡してね」という意味になります。

form1

連想配列のキーと値の取得方法

サーバーにあるtarget.phpでは、テキストボックスに入力された値をnameをキーとした$_POSTという連想配列で受け取ります。name属性に配列のキーを指定していましたので$_POST[‘email’]で入力した値を取得できます。

送信されてきた連想配列のキーはarray_keys関数で取得できますので、$_POSTのキーを配列変数(ここでは$params)に格納し、キーをインクリメントしながら動的に1つずつ値を取り出すこともできます。これは$paramsには、フォーム内にある複数のコントロールのnameを出現順に値として格納しているからです。

ちなみにPHPでは通常の変数と同じく配列変数も事前に宣言は必要なく、存在しない配列に$params値を格納しようとすると配列が自動的に作成されます。

result1

チェックボックスのキーに配列を使用するとき

チェックボックスのキーを配列hp[]にすると$_POST[‘hp’]には配列(キーは数字)となって渡されるので、target.phpにて配列型変数$hpに移してからキーと値を取り出します。

フォームから送られてきた配列型変数hpからforeach(配列変数 as 値変数)で配列の値を取得できますが、foreach(配列変数 as キー変数 => 値変数)で配列のキーと値を同時に取り出すこともできます。

チェックボックスのキーに配列を指定する場合、そのままarray_keys関数を使うと’Array’そのものが所得されてしまうので、配列となって送られてくる$_POST[‘hp’]をPHP側で配列変数に代入し、キー(数字)と値を取得する。
result2

こんな投稿も読まれています