生産計画における山積みと山崩しの関係

「山積み」で負荷を確認し「山崩し」で実現可能なスケジュールかどうか確認するということ

finiteMRPの負荷計算機能では、ライン別に品目別の標準負荷(サイクルタイム)を設定し、オーダ数量に応じてラインに何分負荷をかけるかを計算し、リードタイム(日)ずらしした日に「山積み」して1日あたりのライン能力とぶつけることで、日単位の勝ち負けが確認できます。

日単位の「山積み」結果として判明したライン能力のあふれ分が、前倒し(もっと早く割付ること)すれば納期に間に合うのかどうかを知るために「山崩し」を行いますが、これを自動的にやってくれるのが生産スケジューラーです。

「山崩し」するということは、時間制約違反を起さないように作業に順番をつけて、「理論上実現可能な」スケジュールを作成するということであり、作業日程計画というカレンダー(横軸)を重視した方法ですが、以下の2つを完璧に実行することは不可能です。

  1. 人間が生産現場の制約条件を100%漏れなくシステムに反映させる
  2. システムが制約条件の中で理想的なスケジュールを作成する。

どうせ100%完全な制約条件をシステムに設定することも、仮に出来たとしてもシステムが制約条件を元に理想の最適化されたスケジュールを作ってくれる保証もないのであれば、「山崩し」結果をもって即現場にスケジュールを反映させるという理想論よりも、「山崩し」によっておおよそ納期遅れしないことを確認できたらそれで十分。後は余裕を持たせて安全在庫を設定しておこう、という現実的なシステム運用方法になります。

納期遅れしないという条件の下で、1日のキャパの範囲内に作業ロットをリスト化して「今日はそれぞれのラインでこれだけの作業ロットを消化してください」という指示書を出すほうが現実的であり、これは資源キャパという縦軸を重視した方法です。

工程間の重なり方法と安全在庫とロットサイズの関係

stock
左がSE、右がSSEEで割り付けた結果

上述の安全在庫はオーダ展開時の補充オーダ生成時に考慮されますが、補充オーダを生成するタイミングは工程間の重なり方法によって異なります。

オーダ展開では、自動補充機能によってオーダリストを満たすように製造BOMを参照しながら、受注オーダの作業入力指図の不足分の製造オーダを補充オーダ(子)として生成し、補充オーダ(子)の作業入力指図の不足分の製造オーダを補充オーダ(孫)として生成します。

工程間の重なり方法がSE(Start-End)の場合には、前工程の作業が完了してからはじめて自工程の作業を開始できるため、補充オーダが生成されるタイミングが最速で自工程の作業の開始時になり、前工程の作業期間中に出荷または投入が発生すれば安全在庫を切る可能性があります。

一方で重なり方法がSSEE(Start-Start End-End)であれば、前工程が時工程より先に終了しないという条件の下で前工程と自工程をオーバーラップさせるので、補充オーダが前工程の作業中に随時生成されることになり、安全在庫を切る可能性が極力低くなります。

SSEEというのは、製造ロットサイズが1個で、1個単位でモノが流動するという考え方であり、実際に現場でモノが流動する単位は製造ロット単位やパレット単位なので、必ずしもSSEEという工程間の重なりが実現できるとは限りません。

「山崩し」機能で出来ること

上述のとおり100%完全な制約条件をスケジューラーに反映させることは不可能である以上、生成されるスケジュールの精度は100%ではありません。

しかし「山崩し」をすることにより、生産管理システムのMRP「山積み」機能では対応できない納期遅れしない理論上実現可能なスケジュールが作成でき、ロットサイズを1個単位にして多数の製造オーダを生成させなくても、工程間の重なり方法をSSEEにすることで、理論上安全在庫を遵守したスケジュールを作成することが可能になります。

こんな投稿も読まれています