VITAS取得報告のオンラインシステムITAS ONLINE

6月末にEPO(Exit Permit Only)出国と合わせて312ビザ取得のためにシンガポールのインドネシア大使館に行き、インドネシア入国後にKITAS取得手続きに入るまでの流れのおさらいです。

  1. 6月15日 Working Permit(IMTA)取得
  2. 6月23日 EPO(Exit Permit Only)
  3. 6月24日 Telex(VITAS=VISA TINGGAL TERBATASの発給許可)を発行
  4. 6月28日 シンガポールのインドネシア大使館で312ビザ(VITAS)取得
  5. 6月29日 インドネシア入国

現時点で自分の持っているのは、シンガポールのインドネシア大使館で発行してもらった312ビザであり、インドネシア語ではVTT(VITAS)=VISA TINGGAL TERBATAS、英語ではLimited Stay Visaに分類されます。

そしてレバラン休み明けの7月11日に、いつものエージェントにパスポートを預けてKITAS取得の手続きに入り、昨日7月22日に今回はじめてカード型のKITASを取得したのですが、戻ってきたパスポートにいつも押してある「LIMITED STAY & RE-ENTRY」のスタンプが見当たらず、代わりに「ITAS ONLINE」という丸いシンプルなスタンプが押してあります、何これ?

2016年2月からKITASの申請前にITAS ONLINEからVITAS(Visa Tinggal Terbatas=312ビザのこと)取得済みの報告を行なう必要があるようです。

  1. 7月11日 エージェントにパスポートを預ける。
  2. 7月15日 イミグレーションで指紋押捺。
  3. その後エージェントがWEBからITAS ONLINEでVITAS取得済みであることを報告。
    パスポートに押してあるイミグレからの「ITAS ONLINE」というスタンプは、おそらくエージェントがWEBサイトからITAS ONLINEで申請を行った後、イミグレでKITAS申請に行う際に、ITAS ONLINE登録済みであるという、イミグレによる確認印だと思います。
  4. 7月21日 Limited Stay Permit(KITAS)とMultiple Exit and Re-Entry Permit(MERP)取得

このMERPは、いつもパスポートにスタンプでもらえるのですが、現在はオンラインで発行されるようで、エージェントから「出国するときはこれを印刷してもって行け」と言わています。
IZIN TINGGAL TERBATAS

先日のイミグレでの指紋押捺と写真撮影の担当者は、非常にフレンドリーで気さくなお姉さんでして、マンゴー食べながらベタベタの手でカメラを扱っていたのはさておき、昔の無愛想で横柄なイミグレのイメージからすると、随分時代が変わったものだと感じました。

こんな投稿も読まれています