コーヒー栽培と観光ビジネスが融合したバリ島キンタマーニ(Kintamani)のコーヒー

bali-kintamani-eye

写真はウブドゥから北上すること約1時間、トゥガラランのライステラスを経てしばらく田舎道を走ると見えてくるバリ島のキンタマーニ高原。

観光地としてのバリ島のコーヒー農園

バリ島ウブドゥから家具屋や木彫り屋が並ぶJl. Raya Andongに入り、そのままトゥガララン(Tegallalang)のライステラスを越えてひたすら北上するとキンタマーニ高原が見えてきますが、その途中に道すがらコーヒーを栽培する農園っぽいものが点在しており、近年の世界的なスペシャリティコーヒーブームに便乗して観光客用に見学設備を設けたり試飲させてくれたり、うまく観光スポットに組み込むあたりは、いかにも観光地としてのバリ島でビジネスをする人々のしただかさが感じられます。

自分は2001年から2008年までバリ島で家具やハンディクラフトの輸出で生計を立てていた時期があり、日本のお客さんがバリ島に買い付けに来たついでにキンタマーニ高原を観光したいというリクエストがあるたびにもぐりの観光ガイドっぽい真似をしていましたが、キンタマーニ高原が一望できる展望スポットに到着するやいなや、物売りのおっちゃんやおばちゃんがそぞろ集まってきては、木彫りだのパレオ布だのペンだのを売りつけようとするのに辟易していました。

長時間の運転で疲れているときはおもわず怒気を含んで追い払ったりしていましたが、今考えるとあのおっちゃんおばちゃんたちは世界的観光地であるバリ島に流入する観光ビジネスのピラミッドの最底辺を構成する人々であり、あのくっ付き虫のようなしつこさはどんなビジネスをやるにあたっても見習うべきものだといまさらながら懐かしく思い出します。

コーヒー界の「松茸的存在」であるルワック(Luwak)コーヒーは、東南アジア、インド、ヨーロッパまで広く生息するジャコウネコ科の哺乳類の糞の中にある未消化かつ発酵済みの豆から作られますが、森の中でルワックさん自身が自分の食べたいコーヒーチェリーのみ厳選した結果として排出される糞と、人間がチョイスした餌として与えられるコーヒーチェリーを食べた結果排出される糞とでどんな味の違いが出てくるのかよくわかりませんが、近年はケージの中で飼育して糞を集める「養殖」ものが大半であり、バリ島のコーヒー農園でもケージで飼われているルワックが見学できるようです。

ほろ苦さとフルーティーな触感が特徴的なバリ島キンタマーニのコーヒー

aroma-nusantara
クニンガンのMall Ambassadorの4階にあるAroma Nusantara

よくいわれる「バリコピ」とか「コピバリ」というのは、コーヒーの粉がカップの上を漂流した状態のままスプーンでかき混ぜて、粉が沈殿するを根気強く待ってから飲むというやつですが、沈殿しきれないで中層あたりを回遊しているコーヒーの粉が喉にひっかかってむせかえってしまい、これがトラウマになって「バリ島のコーヒーは粉っぽいから嫌だ」と誤解されることがあるのですが、これは単にバリ島の地元の人がフィルタを使わないで飲んでいる飲み方を呼んでいるのであって、本来バリ島の高原地帯はコーヒー栽培に適した土壌と気候があるため、品質の高いアラビカ種のコーヒーが生産されています。

  • 風味の傾向
    1. 香り ★★
    2. 苦み ★★
    3. 酸み ★★★
    4. コク ★
    5. 甘み ★

コーヒーは焙煎具合によって風味の傾向が変わるとはいえ、バリ・キンタマーニのコーヒーの風味はスマトラのアチェ・ガヨやミナン・ソロックのようなフルーティーさに若干スパイシーなアクセントを加えたようなさらっとした飲みやすいコーヒーで、意外とジャカルタのカフェで揃えているところは少ないのですが、PCやネットワーク機器、スマホにカメラに海賊版ソフトまで、何でもありありなクニンガンのMall Ambassadorの4階にあるAroma Nusantaraでは、シングルオリジン(産地農園単位)のバリ・キンタマーニ産コーヒーをマニュアルブリューで淹れてくれます。

About the author: yamazou

インドネシアは世界第4位の人口2億5,000万人を抱え、そのうち若年層が25%を占める潜在的経済成長率が最も高い国の一つであり、なかでもジャカルタ近郊を含む都市圏人口は3,120万人と、東京都市圏に次いで世界第2位の世界屈指のメガシティを形成しています。
ジャカルタの街では高層ビルや地下鉄工事が急ピッチで進み、日々様相を変えつつあり現在進行形でアジアの経済発展を体感できます。