だいたい相手は聞きたいのではなくてしゃべりたいと思っている。

インドネシア人はおしゃべり好きが多いというのは在住者ならだれでも感じることだと思いますが、日本人には多い「寡黙な人」はインドネシアには少ないし、悪気はなくともSombong(傲慢)な人だと思われてしまいます。

僕も本来寡黙な人間ですが、Sombongだとは思われたくないので、インドネシア人に対しては勇気を出して、興味もない天気の話や日本だと引かれそうなオヤジギャクをかましたりするんですが、本意ではないことを無理やりやろうとすることは結構苦痛です。

BBMとかLINEとかでメッセージのやりとりする場合も、日本人が相手の場合はメッセージが着いたら、相手に「メッセージを入力中です・・・・」が表示されていなければすぐに返信しますが、インドネシア人の場合は15秒くらい間隔を空けて、相手が「言いたいことを言い切った」ことを確認してから返信します。

相手が間合いを考えず立て続けに分割メッセージを送ってくる場合には、こっちが間合いを整えてあげないと会話が成立しません。

僕のインドネシア人の部下で、1000文字くらいのメッセージを小分けにして投下してくるヤツが居ますが、インドネシア語でそんな長文読まされるのは苦痛なので、仕返しにそいつへの返信は「Ohh」か「Iya」の一言で片付けます。長文ごくろうさん、みたいな。

ただ本来は言いたいことをしゃべりたいという欲求はインドネシア人に限らず万国共通であり、それを我慢して相手との間合いをどの程度読むかの差であり、胸の中に溜め込みすぎて逆恨みするよりも、全部吐き出してすっきりしたほうが健康的だと思います。

要は皆しゃべりたい、メッセージを発したいのであって、人の話ってそれほど聞きたくないんじゃないでしょうかね?

だから仕事の打ち合わせとかでも、相手の信頼を得るために自分の専門知識を披露して「どうだ、すごいだろ」みたいなのはマイナスでしかなく、相手は本当は自分でしゃべって思いのたけを吐き出してそれを聞いて欲しいと思っている可能性大です。

システムの仕事をしていると、相手から信頼されるために業界知識を披露しがちになりますが、むしろ「自分はよく判らないので教えてくれませんか」みたいなスタンスでいったほうが打ち合わせがうまくいくような気がします。

ただあまりに判らないと甘えすぎると、相手によっては自爆する恐れがあります。コイツ何も知らねーな、みたいな。

これまで対人関係で数え切れないほどの失敗をしてきましたが、だいたい自分の「一言多い」が原因であって、コミュニケーションがうまくいったかどうかの基準は「どんだけ相手がしゃべってくれたか」に置くのがいいんじゃないかと思います。

こんな投稿も読まれています