悪魔祓い

嫁さんの妹がサタン(悪魔)に取り憑かれた

しばらく連絡してこなかった嫁さんの妹から「サタン(悪魔)に取り憑かれたよー」と泣きの電話が入ったのが昨年末12月上旬。以来3週間に渡って彼女に居座ったサタンは、3回の悪魔祓い(Pelepasan setan )を経て、ようやくどっか別の場所に立ち去って行きました。

自分もこの手の話には半信半疑な平均的日本人なので、最初は彼女に対して「オマエは何を言っているんだ」的な冷たい態度を取りましたが、国費でドイツ留学するくらい優秀な彼女が、何かに取り憑かれたように意味不明な言葉を口走ったりするのを見ると、「世の中には科学で解明できない事象がまだまだ存在するかも」などと考えはじめ、終いには何もできないながらも気持ちだけは一緒にサタンと戦っていましたw。

彼女はちょうど今長期休暇でドイツからインドネシアに戻っているところで、このままサタンを連れたままドイツに戻すわけにはいかないので、教会へのアクセスのよい僕のアパートでしばらく引き取ることになりました。

悪魔に取り憑かれた人と一緒に生活するということ

そもそもいままで何十年も普通に生活していた彼女に突然サタンが取り憑いた理由ですが、宗教的な内容は僕もよく理解していませんが、要約すると

  • 誰もの中にサタンは存在するが、本人が神に近づかない限りサタンも出てこない。
  • クリスチャンとして神に近づいたときサタンは出てきて邪魔しに来る。

ということらしく、確かに名ばかりクリスチャンだった彼女が去年くらいから随分熱心に聖書読んだり教会に行った話しをしていたのは覚えていますが、でもそれくらいで悪魔に取り憑かれるかよ、普通。。。

どうにも胡散臭く信じがたいので、試しに彼女の中に居るサタンに日本人である僕に取り憑ついてはもらえないだろうか、とお願いしたところ、

サタン
神を信じない人間には取り憑つかない

とあっさり拒否されました。そうですか。。。

サタンにしても黙って彼女の中にじっと取り憑いてくれていればいいのですが、いちいち

サタン
ケッケッケッケッケッ、カッカッカッカッカッ

と彼女の口と声帯を通して奇声を発するものですから、うっとおしいことこの上ない。

また彼女自身が

嫁の妹
あなたは何が目的なの、何で私にとりついたの?

とサタンと会話する様子は、傍から見ていてなかなか不気味です。

最初はわざとやっているんじゃなかろうかと疑いましたが、さすがに3週間も冗談であのサルマネは肉体的にも精神的にも無理でしょうし、僕自身も3週間一つ屋根の下でサタンに取り憑かれた人間と生活することの大変さを身をもって感じました。

このサルのサタンは辛いもの熱いもの全般が嫌いなので、ガスコンロの火を点火して見せると嫌がって

サタン
Tidak mau, tidak mau(嫌だ嫌だ)

と、何故かインドネシア語で訴えますw。

毎日のようにわさび入りの寿司とかキムチ鍋とか食べさせて追い出そうとしましたが、サルは「ケッケッケッケッ」と嫌がるそぶりを見せるものの出て行くまでには至りません。

教会で悪魔祓い

これはもうプロに任せるしかないということで、最寄の教会に連れて行きPelepasan setan(悪魔祓い)をやってもらいました。

悪魔祓いといえば「エクソシスト」という有名なホラー映画がありますが、あの映画に出てくるカラス神父みたいなかっこいい人が登場するのかと思いきや、今回サタンと対決するのはポロシャツを着たその辺にいそうなPendoa(お祈りしながらサタンを追い出す人)のおじさんです。

彼女の背中を押さえて呪文を唱えながら「出ろ、出ろ」みたいな感じでサタンを追い出そうとする様子は、カラス神父というよりも織田無道の除霊シリーズに近いものがありますが、パワー不足なのか判りませんが残念ながらなしのつぶてです。

悪魔祓いが失敗に終わった後、そのPendoaのおじさん曰く、教会にもいくつか種類があって、この教会は温和な教会で悪魔払いには向いていないので、サタンと対決することに慣れたガチの武闘派教会を紹介してもらいました。

後日、その教会を訪問して受付にいたスタッフの方に

あのー、サタンに取り憑かれたんですけどー

と言うと

スタッフ
そうですか、こちらへどうぞ

と蚊にでも刺されたかのような薄い反応で、普通に悪魔祓いの部屋に通されました。

ここの悪魔祓いのプロは30歳前後のお姉さんとお兄さん達で、いずれもサタンと戦うことに慣れた歴戦のツワモノばかり、さっそく彼女を取り囲み神を讃えるクリスチャンの歌を歌いながらサタンを呼び出します。

体を前後左右にゆすりながら泣き叫ぶ彼女。

約2時間のサタンとの格闘の末判明した事実は、彼女に取り付いているのはサル一匹でなく、その他大勢のサタンであること、しかも4世代前の祖先の時代からのサタンも引き継いでおり、これは一枚一枚たまねぎの皮をむくようにはがしていく必要があり長い戦いになりそうだということ、マジかよ・・・。

で、1週間後に2回目の悪魔祓い。午前11時から夕方の4時まで5時間ぶっ通しでサタンと格闘。腹減りすぎてよっぽど中座して近くのマックに一人で昼飯食べに行こうかとも思いましたが、雰囲気的に無理。。。疲れたよー、腹減ったよー。

ただ今回は出るわ出るわ、サル、龍、トラ、トカゲ、おばあさん・・・

最後に彼女の口から聞き慣れないジャワ語で、なにやら悪魔がつぶやいたときにはさすがに鳥肌全開でしたわ。。。

悪魔祓いの後処理

悪魔祓いが終わってからPendoaのお姉さんは、その場でソロの実家のお母さんに電話を掛ける様指示し、電話口の向こうでお母さんはPendoaのお姉さんの言葉に従って、4世代前までの過去のシガラミを断ち切る呪文を復唱しました。

70歳近い母親が、悪魔に取り憑かれた娘を助けるために、教会のPendoaの呪文を電話口で復唱する、というのは信仰心の厚いインドネシアならでは成立する光景であり、こんなこと日本人であるうちの母親にお願いしたら、その場で親子の縁を切られるかもしれませんw。

そして最後にPendoaのお姉さんがこんなことを言いました。

スタッフ
ソロの実家に滅多に開かない部屋がありますよね?そこにある鏡台の鏡を割って、クリス(剣)を焼却してください。そしてまわりにある家具を赤い糸で縛ってください。

ウソだろ、と思いましたが・・・本当にありました。

中部ジャワのソロのへの旅

昨年末に嫁さんと妹と3人でソロの実家に行き、開かずの部屋を見せてもらったところ、悪魔祓いのプロが指摘したとおりそこには鏡台と木剣がありました。

nasih gudeg
ソロで有名なNasih Gudeg Cekerのワルンにて

さっそく鏡台を裏庭に運び出し鉄の棒で叩き割り、木剣を数時間かけて焚き火にくべましたが、硬い木を灰になるまで焼くことはできず、最後は原型をとどめないくらい黒焦げにした後で粉々に叩き割りました。

娘が自宅の鏡台を叩き割るためにわざわざジャカルタからソロに帰省する、というのもすごい理由ですが、お母さんはすべてを理解している様子で鏡を叩き割るための鉄棒と、木剣を焼却するために火にくべる紙まで準備していてくれました。

日本人的には受け入れがたい話や出来事もありましたが、人間誰しも自分の中に悪魔が潜んでおり、それが何らかのきっかけで表面に出て来るという考え方については、背景に宗教が有るか無いかの違いだけで、基本的に理解できる話であり、それを信じるか信じないかは別として、そういう考えがあることを認めることは大切なことだと思います。

こんな投稿も読まれています