システム導入時に判るインドネシアの環境的特性

当サイトの趣旨にも書いているとおり「WordPressの業務システムへの普及」を模索している自分としては、まずはWordPressというよりWEB自体の業務システムとの親和性について考察し、業務系システムとの相性が悪いとされるWEBベースのシステムが、業務系システムのサブシステムとして利用されることでシステム導入効果アップすることを実証したい、などと考えております。

サブシステムという目的を実現するためであればVB等で開発するクライアントサーバー型でもいいじゃないか、とも思いますが、インドネシアの環境的特性を考えた場合、WEBベースでの開発はスタンドアロン型やクライアントサーバー型のシステムに比べて大きなメリットがあり、これは発展著しいアジア諸国全般で当てはまることかもしれません。

クライアントサーバーとWEBベース

インドネシアの日系製造業でシステムを導入を円滑に推進させるための重要なキーワードとして以下が挙げられます。

  1. 分業化 ⇒ 個人の負荷を最小にする
  2. 進捗状況の見える化 ⇒ 上司や同僚からの監視環境
  3. 簡素化 ⇒ ビジュアルやプロセスを単純化
  4. 共同作業の円滑化 ⇒ 同じ画面を見ながら全員で議論

そしてこれを実現するのが「WEBによる情報の社内共有」であり、システム導入の際に最大のボトルネックとなるマスタメンテナンス作業と実績入力作業に大きな効果をもたらします。

またイギリスのBBCの調査で2014年の「世界で交通渋滞が酷いワースト10」でジャカルタが見事ワースト1のありがたくない称号をもらいましたが、このような土地柄では導入後のサポートのし易さが非常に重要になります。つまり基本はオンラインでのサポートで完結させオンサイトでのサポートの手間をかけないことです。

またまた話がずれますが、世の中には本来の機能としてはすばらしいにもかかわらず相手への訴求アプローチが十分でないため、相応の評価を得られていない商品がたくさんあると思いますが、そのような商品はちょっとした工夫・発想の転換によって大きな効果を生み出しうる潜在能力があると思います。

僕は業務システムのサブシステムがWEBベースであることはプリセールスやプロジェクトの成否を左右する重要なファクターだと思っているのですが、その理由は上記の重要キーワードを消化できるのがWEBの持つ特性だと思うからです。

インドネシア人担当者の特徴

デモでプロモーションする相手は主に日本人工場長とインドネシア人マネージャーであり、意思決定が日本人主導のケースもあれば、インドネシア人スタッフの意向を最大限尊重するケースもありますので、結局は両者にアピールするようなデモが必要になります。

アジアに赴任経験のある日本人なら東南アジアの人々のおおらかさを理解していますので、プロジェクトを円滑に進めるための手順を理解してもらうという視点でデモを行います。

逆にインドネシア人担当者にはシステム自体の機能を中心にデモを行い「シンプル」「多機能」「柔軟性(カスタマイズ)」という観点から、最終的に「現状業務がいかに楽になるか」をアピールします。

以下生産スケジューラーのデモ・導入の例で説明します。

機能を理解してもらうのに苦労する。

生産計画を作成するために必要なデータは何か?逆に言うとどのようなデータがないと生産スケジューラーが動かないのかをキチンと説明する必要があります。

まずは正確な受注情報(または製造オーダ)とBOM(品目情報と設備情報を含む)と在庫情報をインポートして「正確な生産計画」を作成され、次に最適化のための設定を行った上で「最適な生産計画」を作成される2段階のプロセスを説明します。

効果を理解してもらうのに苦労する。

会計システムや生産管理システムとは違い生産スケジューラーの効果が理解しにくいのはインプットとアウトプットが不明確であるからだと思います。

「正確な生産計画」を自動生成し、生産資源の最適化を実現する「最適な生産計画」を作成することができる、というのは工場経営にとって実際大きな効果だと思いますが、残念ながらこれだけだとインドネシア人スタッフから「Microsoft Projectと何が違うの?」という質問が来ます。

これが上述の「相手への訴求アプローチが十分でないため、相応の評価を得られていない」実例です。

よって相手に理解してもらえないのはデモする側に問題があると真摯に考えるべきであり、そのために有効なのはインプットとアウトプットをグラフィカルに製造の現場イメージで説明できることです。

インドネシア人担当者はアウトプットを重視する。

インドネシア人マネージャーはシステムで形のあるものとして何が得られるのかを非常に重要視します。そしてアウトプットが現在自分が使用しているフォームと限りなく近いものであることを要求してきます。

これが日本人担当者であれば同じ目的を達成できるのであればフォームにこだわない、という柔軟性があります。

生産計画があまり重視されていない。

実績主義で計画の重要性がそれほど高くないように感じます。詳細は前エントリー「計画と実績のリンク(製造指図の必要性)」に書いたとおりです。

運用スタッフが多忙で導入時のマスタメンテや実績入力が遅れる。

本来システム導入プロジェクトも業務の一環であるはずですが、Dailyの業務優先で「忙しい」を理由にマスタ作成や実績入力がなかなか進みません。出荷を遅らせないことが最優先であるため有る程度仕方のないことですが、そうばかり言っていてはマスタの準備や実績入力が進みません。

新しいことをやるのは手間がかかりますし、人間誰しも面倒なことに取り掛かるのに腰が重いのは万国共通ですから、相手が物理的心理的負担を感じないためにはどうしたらよいかを導入する側が突き詰めて考える必要があります。

現行システムを変えることへの抵抗。

サッカーでも「勝っているときはメンバーは替えない」と言われますので、現状オペレーションが回っている状態を変えたくないというのはある意味理にかなっています。

ただその「現状オペレーションが回っている状態」が本当に効率的なものかどうかについては疑問はもたない、持ちたくないというのが問題な訳です。カイゼンという言葉は非常に奥深いです(「業務カイゼン提案」から)。

総括

最後に本エントリーの総括と次エントリーへの指針を提示しておきます。

1.WEBによる情報の社内共有で分業化、進捗状況の見える化、簡素化、共同作業の円滑化を実現するすることプロジェクトの成否を左右する重要なファクターになり得る。
2.日本人担当者にはプロジェクト管理中心、インドネシア人担当者にはシステムの機能と効果に重点を置いて説明する。
3.プリセールス時に必ず問題になる価格と導入期間について次エントリー「プリセールス時に直面する価格と導入期間の問題への対処法」で考察する。

こんな投稿も読まれています