プロフィール

略歴

山本啓二 : yamazou(よろずインドネシア掲示板時代からのハンドルネーム)

yamazou

福岡県大牟田市出身。高校まで福岡で育ち、学生時代から社会人までの8年間を東京で過ごし、1997年10月にインドネシアのジャカルタのシステム会社に転職してきました。

某邦銀ジャカルタ支店のシステム部に1年間派遣されている間にジャカルタ暴動発生!。スミットマスビルから暴徒を避けるため、あちこち迂回しながらクニンガンに到着するまでの間4時間、交差点に集結する群集やスーパーで略奪した戦利品をかかえた餓鬼の群れの中を、命からがら逃げた(実際は結構楽しんでいたかも・・)あの日の光景はいまだに目に焼きついています。

その後、英系金融システム会社のジャカルタ支店に半年派遣された後、バリ島でWEBサイトをベースとした家具と雑貨の輸出会社をはじめ、ブームが過ぎ去った後に速やかに会社をたたみ、以前働いていたジャカルタの日系システム会社に出戻り、会計システム・生産管理システム等の業務システム全般の開発・導入を行っています。

当サイトの趣旨

現在、ジャカルタ市内の日系企業オフィスまたはジャカルタ郊外の工業団地に通いシステム導入の現場に足を運ぶ毎日ですが、システム導入という仕事をするにあたっては最低限頭の中に入れて置かないと、お客様からの質問に上手く答えられない知識というのがあります。質問に答えられなければ提案どころの話ではありません。

僕自身、元来物覚えが悪く要領の悪い人間なので、「なんとか頭の中のごっちゃになっている知識を整理できないものか」という悩みに対する答えが、自分の頭の中身の公開ブログ化でした。ブログというのはカテゴリ化、アーカイブ化、タグ付けなどごっちゃごちゃの知識を縦軸横軸の座標に整理整頓するために非常に有益なツールだと思います。当初は「ジャカルタのシステム導入備忘録」というタイトルでの出発でした。

頭の中で考えているだけの状態に比べて、それを文章化するとなると全く次元が異なるエネルギーが必要になります。しかもインターネット上で公開するときたら、誤字脱字のチェックはするし、あまり恥ずかしいことも書けないし、などと一種の自己統制が働くわけです。

それで「自分の頭の中の整理整頓ブログ」を続けるうちに、内容的には大した変化はありませんが、「システム導入の現場でお客様との会話の中で出てくる主な話題を一通りカバーできるサイト」を作ろうというサイトの目的自体がビミョーに変化しました。これは自分の頭の中の知識をブログに落とし込む作業の中で、「インドネシアで日本人が本来やるべき仕事ってなんだろう」という新しい問題意識にぶつかったことが影響しています。

そしてこんな拙い自己本位の内容にもかかわらず「サイトを見て勉強になった」とか「役に立った」とかいうありがたいメールをいただくことがあり、これが今まで自分が味わったことのない快感だったことがきっかけで、思い切ってサイト名を「インドネシアITなび」に改名し、「訪問してくるユーザーの役に立つサイト」を作りたい、などと大それたことを考えるようになりました。まあITだけでなく「インドネシア」というキーワードに関連する自分の興味ある話題についても触れていきます。

ありがたいことに当サイトをご縁に仕事の案件をいただく機会にも恵まれ、当面は「インドネシアでシステム導入を検討する人が見て役に立つサイト」という大それた目標を掲げ、不定期にコンテンツのアップを行っていきます。また情報の陳腐化が早い昨今では、サイトの内容はすぐに古びて苔の生えた状態になりますので、気づいた時点で最新の情報に更新していきたいと思います。

人間は常にカイゼンが必要であり、僕自身も常に変化していたいと思います。そんな中でも「いつまでたっても変わらない」基本知識を大事にしたいと思っています。

当サイトに関するご質問、ご意見等ございましたらなんなりとお問い合わせフォームよりご連絡いただけましたら幸いです。


*当サイトではshutterstockの写真(有料版)のクレジットおよび著作権の表示の必要がない標準ライセンスの写真を使用しています。