MRPで受入確定量が時間制約違反を無視して前倒しでオーダに紐付く理由

本記事のポイント

正確な所要量展開を主目的とするMRPでは、入荷や生産の遅れにより後ろ倒しになったオーダも、受入確定量として時間制約違反を無視して前倒しして引当てることで余分なオーダを生成しませんが、生産スケジューラーの場合は後ろ倒しになったオーダに対して時間制約違反を起こさないよう、前後工程のオーダが引きずられます。

このMRPの受入確定量で余分なオーダを出さないようにする機能が、システムを運用する人間から見たとき、時としてオーダ間の紐付けを見づらくしてしまう原因となります。

オーダの前倒しと予定の遅れによる後倒し

資材所要量計画(MRP)はMPS(基準生産計画 所要)を元に所要量展開を行い、仕掛品や材料の現在庫を差し引いた正味所要量を計算すると同時に、L/T(リードタイム)分だけ「前倒し」することで購買オーダや製造オーダの発行タイミングを計算します。

このように納期を基準に後工程から順番に「前倒し」するという大前提があるため、予定の遅れによりオーダが「後倒し」で確定されると、時間制約違反を起こさないという条件の中では、次工程にとってその不足分のオーダを補充生成する必要がでてきます。

ただしMRPの基本は正確な正味所要量の計算にあるため、オーダの「後倒し」に確定され受入確定量化すると、所要量の不足は時間制約違反を無視して、「後倒し」されたオーダも「前倒し」して引き当てることで、余分なオーダを生成しません。

MRPこの受入確定量で余分なオーダを出さないようにする機能がシステムを運用する人間から見たとき、オーダ間の紐付けを見づらくしてしまうとも言えます。

MRPでは後倒しで確定したオーダが必要日の早いオーダに強引に紐付きますが、生産スケジューラーではオーダが後倒しで確定すると、前後作業がひきつけられて移動し、割付開始日を越える過去日のオーダは「無視」され突き抜け無限能力で割付けられるか、「強制割付」され計画基準日内に無限能力で山積みされることになります。