インドネシアの未来のポテンシャルを体感したければスタバに行こう。

本記事のポイント

2億4千万人という世界第4位の人口を持つインドネシアは、人口構造も理想的なピラミッド型であり、2030年頃まで生産年齢人口(15~64歳)が、従属人口(0~14歳と65歳以上)の2倍以上ある人口ボーナス状態が続くと言われており、働き手1人あたり2.3人の高齢者を支える日本からすると、うらやましいくらいの経済成長が見込まれます。

スタバに集まる次世代のスタートアップ達

自分はこのブログを通じて、いかにインドネシアのスタバが最高かということを訴え続けており、インドネシア経済の潜在能力を体感したければスタバに行け、ということを推奨しています。

Plaza Indonesia
今朝のPlaza Indonesiaのスタバにて

2億4千万人という世界第4位の人口を持つインドネシアは、人口構造も綺麗なピラミッド型で、2030年頃まで人口ボーナス(15~64歳の生産年齢人口が、0~14歳と65歳以上の従属人口の2倍以上ある状態)が続くと言われており、働き手1人あたり2.3人の高齢者を支える日本からすると、うらやましいくらいのバラ色の経済成長が見込まれます。

また外国からのVCによる投資活動が活発に行なわれているのは、東南アジアの中でもスマホアプリやEコマース分野での有望なスタートアップが多い証であり、PCよりも手軽に買えて扱えるモバイルファーストの国民性が、毎年50%以上のEC産業の成長を支えています。

スタバにはこういう活気ある市場で次の成功を夢見る若いお姉さんやお兄さん達がそぞろ集まってきて、Mac book開いてビジネスプランを練っている訳です。まあ実際は遊んでいる人も多いでしょうけど。

勝手にコンセント使っても盗電にならないインドネシア

日本ではカフェで勝手に許可なくスマホのチャージすると盗電になり、下手すると警察沙汰になるみたいですが、インドネシアではカフェやレストランで電源取るのは、空が青いのと同じくらい当たり前のことであり、日中のスタバはノートPC開いた学生やビジネスマンに占拠されて、電源確保のための椅子取りゲームが大変です。

インドネシアで盗電(Curi listrik)と呼ばれるものは、工場やビルが分電盤を改造して摘発されるというような悪質なものから、個人が電柱から勝手に電線を引こうとして感電死、とか笑えないニュースまでありますが、 盗電によるPLN(Perusahaan Listrik Negara)の年間損失額はRp. 1.5 Trilyun(1.5兆ルピア=約120億円)というとんでもない額になっています。

盗電で一番メジャーなのは、PLNから設置された10A対応のサーキットブレーカー(Miniature Circuit Breaker 略称MCB)を20A対応のものに変えて、一般的な230Vの電圧環境での電力(daya listrik)を2300Wから4600Wに倍増させ、その分メータ(kWh meter)が回らないようにジャンパー線の配線を変えて回転を遅くするという結構手が込んだやり方です。

カフェにあるコンセントをあたりまえのように使えるというのは、店側からするとコンセントを設置することで客が来る一方で、コーヒー一杯で長時間粘られると回転率が落ちるというジレンマがあるはずなので、インドネシアのカフェも日本みたいに電源利用を規制するようになり、それも時代の流れとしてあきらめざるを得ない日がいずれ来るのかもしれません。

Boltの数が随分と減った

Grand Indonesia
Boltは何処に?

さて、Plaza IndonesiaからGrand Indonesiaのスタバに移動して、WIFI電波の状況を確認してみたところ、以前は石を投げればBoltにあたる、くらいの勢いで飛びまくっていたBoltの電波がめっきり見当たらなくなりました。

4G LTEのハシリだったBoltですが、ここ1年でTelkomselやProxlなど巨大携帯キャリアが4Gに本気出してきたため、随分当時の勢いが影を潜めてしまった感じです。

なんせ今使っているProxlの4G、COMBO XTRAは、4G容量12GB+通話50分でRp.59,000という激安パケットで、地上50階のオフィスだろうと、時速100kmで走行中の車の中でも快適に繋がります。

数年前まで「インドネシアは他の東南アジア諸国と比べてもネットが貧弱でねー」なんて自虐していた頃を思い起こすと隔世の感がありますが、インドネシアのEC産業を支える通信インフラはドッグイヤーで進歩し続けています。