最寄のスタバの店員が日本語学科出身だった件

Grand IndonesiaのEast mall 3階のスタバで7時の3in1開けを待っていますが、ここでキャッチするWifiルーターからのネットワーク名リスト見るとインドネシアのLTEサービスのハシリであるBOLTの名前が5個も見つかりました。

まあネットワーク名を変えているケースもあると思いますが、USBケーブルでPCから専用ルーターに繋いでコントロールパネルに「http://192.168.1.1」のプライベートIPアドレス(Wifiルーターで一般的に使用される)でアクセスしてから変更するという非常に手間のかかる作業が発生しますので、そっち系に詳しくない人は購入時に店頭で設定してもらったBOLTの文字がくっついたデフォルトサービス名で使っている人が多いと推測されます。

BOLT

最近のネット接続はスマホのテザリング主流で専用ポケットWifiルーターを使う人が少なくなった中でBOLTはまだまだ頑張ってますけど、他の大手キャリアで4Gサービス当たり前の時代に入ってしまった今後どうやって差別化していくんでしょうかね。

ところで今のオフィスはGrand Indonesiaに併設するMenara BCAビルにあるのですが、とにかく飲み食いする場所は一杯あるし、銀行もATMもよりどりみどりだし、必要なモノはすぐにどこかしらの店で手に入るし、利便性という1点にだけに絞って言えばジャカルタ最強のロケーションじゃないかと思っています。おかげで小金の出費がかさんで困ったもんですが。

で、さっきいつものようにアイスコーヒー注文したら、初めて見る店員の娘に

店員
ショウショウオマチクダサイ

と日本語で返されたんですが、どうやら日本語学科出身らしい。ここは場所柄日本人が多いから学校で専攻した日本語が生かせる店舗に配属されてよかったね。。。

スタバのスタッフは各店舗をローテーションされますので、タムリンのBIIの地下のショップにいた娘が突然居なくなり寂しいなあ、と思っていた矢先にスティアブディ店ですぐに再会したり、昨日までRest area19kmにいた娘が今日から59kmの店舗に配属されて

店員
ハーイ、今日から私この店舗に配属になったのョー

とか言われても、全く違和感ないので何のことか一瞬分からないということもありました。

僕は毎朝オフィスに出社しているのかスタバに出社しているのか分からないような生活をしていますので、オフィスから最短距離のスタバにたどたどしい日本語を操る店員が配属されたということで、また一つ楽しみが増えました。

こんな投稿も読まれています