サイフォン式で抽出する際の香りを楽しみたいトラジャ(Toraja)のコーヒー

toraja-uma-eye
トラジャ族の伝統家屋である高床式で屋根が自転車のサドルのような形をしたトンコナン

キーコーヒーが農園と精製工場を整備してブランド化したトアルコトラジャ

現在ジャカルタはショッピングモールが乱立し、ブロックMのパサラヤ(Pasaraya)はすっかりうら寂れてしまいましたが、今だに5階に存続し続けているカフェトラジャ(Kafe Toraja)は、かつてはインドネシア語を勉強しながらカラオケ屋のお姉さんと待ち合わせする日本人のたまり場と化しており、お姉さんと待ち合わせしていると、同じお姉さんから呼び出された面識のない日本人のおじさんと相席になって気まずい思いをしたことや、お姉さんに人目もはばからずイチャイチャされて、子供連れの奥様にゴミでも見るような目で睨まれたことは一度や二度ではありません。

カフェトラジャの名物はやはり目の前でサイフォン式で淹れてくれるトラジャコーヒーであり、アルコールランプで熱されて発生した蒸気圧で水が上昇し、ランプの火を消したあとにコーヒーの粉と一体化した黒い液体が地球の重力に抗うことなく下に落ちていくコーヒー抽出のプロセスを見ることが楽しくて、コーヒー自体の味は正直どうでもいい感じでした。

スラウェシ島は山岳地帯が多く「トラジャ」という言葉自体が、そこに住むブギス族の言葉で「高地の人々」という意味があり、コーヒー農園があるタナトラジャ県はほぼ赤道ド直下に位置し、日本のキーコーヒー(Key Coffee)が高地のウマ地区(Uma)に農園と精製工場を整備し、トアルコ(TOraja ARabika COffee)トラジャコーヒーというブランドで日本に広めたのは有名な話です。

そしてこのキーコーヒーはパサラヤの地下1階フードコート横に、厨房をカウンター席で四方から囲むような対面販売のショップを開いており(今は普通のテーブル席のようです)、昔は日本のキーコーヒーがインドネシアでも飲めるとあって、夜のブロックMに繰り出す前にここでコーヒーを飲んで時間をつぶす日本人が多く、電灯の明かりに群がる虫を狙うヤモリのように出現するカラオケ屋の営業のお姉さんと、自分もよくインドネシア語を勉強させてもらいました。

ちなみにUCC上島珈琲はスマトラ島北部のリントン地区の農園からマンデリンコーヒーを日本に広めたことで知られています。

トラジャコーヒーの風味の傾向

インドネシアのコーヒーとしてはアチェガヨ、マンデリンと並ぶ名の知れたスペシャリティコーヒーのブランドであり、赤道直下の標高1,200m以上の山岳地帯で栽培される大粒のコーヒーチェリーから精製されるコーヒーは、コーヒー独特のアロマが強烈で酸味も強く、空き腹の状態で飲むと胃がキツくなる感じがするので、ケーキや和菓子を食べながら飲むコーヒーだと思います。

[風味の傾向]

  1. 香り ★★★
  2. 苦み ★
  3. 酸み ★★★
  4. コク ★★
  5. 甘み ★

トラジャコーヒーの銘柄は、日本のキーコーヒーの農園があるウマ地区の名前がついたトラジャ・ウマ、コーヒーの集積地であるカロシ村(Kalossi)の名前を冠したトラジャ・カロシ、高地サパン(Sapan)地区で生産されるトラジャ・サパンなどがあり、いずれも強烈な香りと重厚なボディが特徴的であるため、ゴボゴボと音を立てながら液体が上り下りする際に放つ香りを楽しめるサイフォンで淹れるのが最適なのかもしれません。

こんな投稿も読まれています