入国時にVOA領収書を没収されるトラブル

VOA(VISA ON ARRIVAL)の延長手続き

インドネシアへの入国はビザ免除⇒VOA⇒シングルビジネスビザ211⇒マルチビジネスビザ212⇒就労ビザ312の順に戦力アップしていきますが、中でも30日間滞在可能で、公的な場所(定義はあいまい)でのビジネスミーティングが許可されるVOAを、更に30日間延長するには以下の書類が必要です。

  1. パスポート
  2. 帰りのチケット
  3. VOAシール(スタンプ)
  4. 所在地証明書(domisili)
  5. スポンサーレター

スポンサーレターは、スポンサーである嫁さんがVOAでインドネシアに滞在する外国人である僕の身元を保証します、という申請書をビザ代行手続きエージェントに委任する形になりますので、下のような3枚綴りのフォームになります。

  1. Permohonan Perpanjangan Visa Kunjungan (On Arrival):カバーレター
  2. SURAT PERNYATAAN JAMINAN:保証人である嫁さんが僕に対して責任をもつのでVOAを延長してくださいという内容)
  3. SURAT KUASA:嫁さんからエージェントへの委任状(自分にイミグレに出向く場合は必要なし)

空港イミグレでVOAの領収書を没収された

先月インドネシアに入国時のイミグレカウンターでビザ免除(VISA EXEMPTION)での入国を勧められた挙句、VOAの領収書を没収されるというはじめての体験をしましたが、なるほど日本大使館からの注意勧告メールによると、入国時の空港イミグレでのVOAトラブルが頻発しているそうです。

VISA-EXEMPTION
おなじみのビザ免除スタンプ

毎回入国時にイミグレ担当者と揉めるのに、今回はVOA領収書を没収されたとはいえ、フレンドリーな対応をされたのが嬉しくて(あほ)そのまま放置しておきましたが、没収したVOAを彼らがどう活用するのかは気になっていました。

  1. 入国時にVOAカウンタでVOAを50万ルピアで購入(先月は49万ルピアでした)。
  2. いつもパスポートに貼られるVOAシールが貼られず、二枚つづりの領収書だけもらう
    ⇒本当はここで気が付くべき。
  3. イミグレカウンターで入国目的を問われ「家族に会うため」と答える。
  4. いつもだったら帰りのチケットを提示するよう求められ、持ってなければ「本当は仕事しているだろ、お前」と問い詰められる。
    ⇒罰金またはAirAsiaのカウンターでチケット買うかどちらかのコース。
  5. 今回帰りのチケットをドヤ顔で提示したところ、イミグレ担当者の態度がフレンドリーになり「ミスター、家族に会う目的ならVOAいらないんだよ」「チケット延長しないで帰るんでしょ、じゃVOAもいらないよね」と誘導尋問される。
  6. ここで「延長するかも」と答えると言葉尻を捉えられて別室行きになりそうなので、延長しないと答えるとVOAを没収されてVISA EXEMPTION(ビザ免除)の緑のスタンプを押される。

本来はここで

いや、VOAを50万ルピアも払ったので領収書返して(それ以前にVOAシール貼って)

と言うべきなんでしょうが

イミグレ
さっき家族に会うためって言ったじゃん。
チケット延長しないって言ったじゃん。
本当は仕事するんじゃないの?

と切り返されるのが怖くてあきらめました。

大使館の注意勧告メールにあるトラブル内容を引用しますが、自分の場合は2に該当します。

  1. 35ドルを支払っても領収書が発行されず、またVOAシールも貼付されずに
    単にビザ免除のスタンプ(「VISA EXEMPTION」の緑色のスタンプ)しか押印されてい
    ないケース。
  2. 35ドルを支払って領収書が発行されても、VOAシールが貼付されずにビザ
    免除のスタンプしか押印されていないケース(領収書の日付が当日でないこともあ
    り)。
  3. 間違えて、居住外国人やビザを取得している外国人用の入国審査カウンターま
    で行き、その場でVOA手続きをすると、良心的な担当官は「VOA購入窓口」を案
    内するが、悪質な担当官はその場で35ドルを受け取り、本来は領収書を発行するカ
    ウンターではないにもかかわらず領収書(使い古しや日付違いもあり)を発行し、或
    いは領収書を発行せず、ビザ免除のスタンプを押印するケース。
  4. ビジネス目的のためVOAを購入しようとしているにもかかわらず、ビザ免除
    を勧められ免除のスタンプを押印されるケース。
  5. 観光や親族訪問等を目的としてビザ免除で入国するつもりが、カウンター職員
    からVOA購入を強要され、やむなく35ドルを支払わされ、領収書が発行されかつ
    VOAシールが貼付される、或いは領収書が発行されず、VOAシール貼付もなくビ
    ザ免除のスタンプを押印されるケース。

イミグレ担当官が没収したVOA領収書どう使うのか気になっていましたが、別の外国人に対してVOA取得を勧めて、あらかじめ用意しておいたVOAシールを貼り付け、僕の領収書を渡すのかもしれません。

こんな投稿も読まれています