総平均法と三分法で計算される発生費用と製造原価

材料費と加工費の発生タイミング

発生材料費は投入実績数量ベースで計算された発生費用で、加工費と合わせて当月製造費用となりますが、必ずしも製造原価になるとは限りません。

  1. +材料月初在庫
  2. +当月購入
  3. -当月発生材料費(投入)
    ———–
  4. 材料月末在庫

当月発生材料費は発生加工費と共に製造原価または月末仕掛品在庫になります。

  • +仕掛品月初在庫
    +当月材料費発生
    +加工費発生
    -仕掛品月末在庫
    —————-
  • 製品製造原価

総平均法と三分法による発生材料費算出

三分法は月末在庫を押さえて材料発生費用や製造原価を計算する方法であり、総平均法は材料発生費用を押さえて月末在庫を計算する方法です。

総平均法で仕掛品や製品の製造原価を計算する方法は「投入品目の総平均単価x使用数+自工程加工費」であり、事前に投入品目の総平均単価を計算しておく必要があります。

仕掛品の製造原価に含まれる材料費部分は、材料の投入実績数量(材料費発生)のうち仕掛品に含まれる使用数量分です。

  • 材料総平均単価 =(材料月初金額+当月購入金額)/(月初数量+購入数量)
  • 材料発生費用=投入材料総平均単価x投入数量
  • 仕掛品製造原価=投入材料総平均単価x使用数量+加工費1

同じように製品製造原価に含まれる仕掛品は、仕掛品の投入実績数量のうち製品に含まれる使用数量分です。

  • 投入仕掛品総平均単価=(仕掛品月初金額+仕掛品製造原価)/(月初数量+生産数量)
  • 投入仕掛品総平均単価x使用数量+加工費2=製品製造原価

一方で三分法での製造原価の計算方法は「月初在庫と当月生産購入分からの月末在庫の差引」であり、発生費用とは材料投入による材料費の発生と加工費の発生があります。

  • +材料月初在庫
    +当月購入材料
    -材料月末在庫
    —————-
  • 当月材料費発生
  • 当月材料費発生+加工費発生1=仕掛品製造原価
  • +仕掛品月初
    +当月材料費発生
    +加工費発生2
    -仕掛品月末
    —————-
  • 製品製造原価

三分法で計算できない共通材の発生費用

共通材の場合、三分法によって月初在庫と当月購入と月末在庫から当月発生費用を計算できますが、投入実績ベースの金額がないため、品目別の発生費用を算出することができません。

common

総平均法であれば共通材発生費用はもちろん、投入実績の親子関係から製品別の製造原価も計算できます。

  • 共通材発生費用
    共通材投入実績数量x総平均単価
  • 製品A製造原価に含まれる共通材部分の費用
    共通材使用実績数量x総平均単価

こんな投稿も読まれています